日本天然ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本天然ガス株式会社
NIHON TENNEN GAS CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
299-4205
千葉県長生郡白子町南日当2508
設立 1940年2月25日
業種 化学
法人番号 4010001062340
事業内容 水溶性天然ガスの開発、採取並びに販売
医薬用及び工業用ヨウ素の製造並びに販売
医薬用及び工業用ヨウ素化合物の製造並びに販売
代表者 代表取締役社長 河野 郁夫
資本金 3億円
発行済株式総数 100万株
売上高 36億4902万円(2015年)
純利益 1億9302万1000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 128億4435万2000円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 79名
決算期 12月
主要株主 K&Oエナジーグループ株式会社
豊田通商株式会社
株式会社合同資源
外部リンク http://www.ntgas.co.jp/
テンプレートを表示

日本天然ガス株式会社(にほんてんねんがす)は、南関東ガス田のうち千葉県長生郡白子町を中心とした一帯の鉱区の採掘権を所有し、ヨウ素・ヨウ素化合物の生産・販売及び天然ガスの開発・生産・販売を営む株式会社である。

概要[編集]

K&Oエナジーグループの連結子会社として、天然ガスの採取・販売とヨウ素の製造・販売を行う。天然ガスは一般家庭向け都市ガスとして同グループの関東天然瓦斯開発及び白子町ガス事業所に供給。ヨウ素の製造に際しては、関東天然瓦斯開発より一部かん水の供給を受ける。ヨウ素製造工場として、千葉工場の他に、幸治工場、九十九里工場、横芝工場を有する。


沿革[編集]

  • 1940年(昭和15年) - 初代社長・清水三郎によって日本天然瓦斯興業株式会社設立。千葉県長生郡関村(現在の白子町の一部)に千葉工場を建設し、天然ガスの開発、ガラス製品の製造販売を行う。
  • 1944年(昭和19年) - 日本鹹水工業研究所を買収し、かん水中のヨウ素、ブローム、塩等の製造を行う。
  • 1954年(昭和29年) - ヨウ化カリウムの製造を開始。
  • 1962年(昭和37年) - (株)日本オルガノ商会(現オルガノ(株))との共同研究により、イオン交換樹脂法によるヨウ素の製造技術を確立。
  • 1974年(昭和49年) - (株)トーメン(現豊田通商(株))より資本参加を得る。
  • 1995年(平成7年) - 関東天然瓦斯開発(株)より資本参加を得る。
  • 1996年(平成8年) - (株)合同資源より資本参加を得る。商号を変更、「日本天然ガス(株)」とする。
  • 2010年(平成22年) - ヨウ素製造設備(BO法)新設。
  • 2015年(平成27年) - 新社屋落成。
  • 2016年(平成28年) - 東京日本橋の本社を千葉工場(現本社)に移転。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]