日本式警護術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本式警護術
Close Protection System of JAPAN
起源 日本発祥の警護術
主要人物 阿久津良樹(創始者)
活動地域 日本の旗 日本
ウェブサイト http://bodyguard-japan.org
テンプレートを表示

日本式警護術(にほんしきけいごじゅつ、: Close Protection System of JAPAN)は、日本古来に武士が長い年月を懸け練り上げた警護戦略戦術と、日本民族精神に世界の最先端の警護技術知識を融合させ確立された日本発祥の警護術である。

概要・特徴[編集]

創始者は阿久津良樹。日本古来の武術、精神の理や本質を重要視した警護術。警護の理や基礎根幹を最重要視する事でより高度な警護システムを構築出来る事を理念としている。ヨーロッパの一部の地域ではボディーガードアカデミーなどで紹介され世界にも広がりつつある。2011年11月に日本式警護術の骨格である警護基礎根幹を細部まで説いた警護源集令が策定される。

関連項目[編集]