日本怖る可し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本怖る可し(にほんおそるべし、Japan, the air menace of the Pacific)は1932年に刊行された日米関係について述べた書籍。

原著は1927年又は1928年に発刊及び1970年に再刊されている。

概要[編集]

アメリカ合衆国軍人の見た、当時における日本の利害を論じ、発刊3ヶ月で100刷を数えたと、当時の広告には掲載されている。このとき、既に戦艦に対する航空機の優位を、アメリカ海軍が演習の中で確認していること。パナマ運河の攻防演習に於いて、パナマ運河の防備が困難なことを論じている。

また、戦艦の数を定めた、条約の不備と、快速巡洋艦潜水艦の効力についても言及している。

目次[編集]

第1章 日本は太平洋に優越せり

第2章 太平洋の機雷、日本

第3章 後門は開放せられたり

第4章 太平洋の不死鳥日本

第5章 太平洋の空の脅威日本

第6章 難攻不落の日本、太平洋のジブラルター

第7章 米国は重大なるヂレンマに直面す

第8章 日本は邁進す

第9章 米国は日本を見詰る

第10章 交戦の新要素、空中武力

第11章 航空路は国防の基礎

第12章 平和を促進する国際会議

第13章 空中無防備の米国

第14章 旭日に閃く鳳凰の翼

著者[編集]

アメリカ陸軍大佐 ジェファソン・デヴィス Warren Jefferson Davis

訳者[編集]

海軍大佐 小澤覺輔(のち海軍少将

発行[編集]

昭和7年4月13日印刷

昭和7年4月15日発行

昭和7年7月20日第100版発行

価格[編集]

定価80銭

発行者[編集]

東京市神田区錦町一丁目十九番地 株式会社 新光社

電話神田2126番

振替東京43240番

代表 小川 菊松

印刷者[編集]

東京市神田区松下町7番地

服部源治 明治印刷株式会社

原著[編集]

Japan, the air menace of the Pacific

The Christopher publishing house (Boston), 1928

Arno Press(New York), 1970 [c1927]

Warren Jefferson Davis