日本思想大系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本思想大系(にほんしそうたいけい)は、1970年から1982年にかけて岩波書店から刊行された叢書。全67巻。

概要[編集]

前近代(古代より幕末期まで)における日本の主だった思想著作を集成している。巻構成は著者別を中心に、テーマ別にまとめた巻も多く含まれている。

編集委員は家永三郎石母田正井上光貞相良亨中村幸彦尾藤正英丸山真男吉川幸次郎

先行の『日本古典文学大系』の姉妹編(思想関連著作の収録を目的)に位置づけられており、判型も同一である。後継企画として1988年以降に、この叢書に収録されなかった近代初期(幕末明治期)の思想史的文献を、主題別にまとめ『日本近代思想大系』を刊行、1992年に完結している。

内容[編集]

  1. 古事記
  2. 聖徳太子
  3. 律令
  4. 最澄
  5. 空海
  6. 源信
  7. 往生伝・法華験記
  8. 古代政治社会思想
  9. 天台本覚
  10. 法然一遍
  11. 親鸞
  12. 道元(上)
  13. 道元(下)
  14. 日蓮
  15. 鎌倉旧仏教
  16. 中世禅家の思想
  17. 蓮如一向一揆
  18. おもろさうし
  19. 中世神道論
  20. 寺社縁起
  21. 中世政治社会思想(上)
  22. 中世政治社会思想(下)
  23. 古代中世芸術論
  24. 世阿弥禅竹
  25. キリシタン書・排耶書
  26. 三河物語葉隠
  27. 近世武家思想
  28. 藤原惺窩林羅山
  29. 中江藤樹
  30. 熊沢蕃山
  31. 山崎闇斎学派
  32. 山鹿素行
  33. 伊藤仁斎伊藤東涯
  34. 貝原益軒室鳩巣
  35. 新井白石
  36. 荻生徂徠
  37. 徂徠学派
  38. 近世政道論
  39. 近世神道論・前期国学
  40. 本居宣長
  41. 三浦梅園
  42. 石門心学
  43. 富永仲基山片蟠桃
  44. 本多利明海保青陵
  45. 安藤昌益佐藤信淵
  46. 佐藤一斎大塩中斎
  47. 近世後期儒家集
  48. 近世史論集
  49. 頼山陽
  50. 平田篤胤伴信友大国隆正
  51. 国学運動の思想
  52. 二宮尊徳大原幽学
  53. 水戸学
  54. 吉田松陰
  55. 渡辺崋山高野長英佐久間象山横井小楠橋本左内
  56. 幕末政治論集
  57. 近世仏教の思想
  58. 民衆運動の思想
  59. 近世町人思想
  60. 近世色道論
  61. 近世芸道論
  62. 近世科学思想(上)
  63. 近世科学思想(下)
  64. 洋学(上)
  65. 洋学(下)
  66. 西洋見聞集
  67. 民衆宗教の思想

完結後、全巻の常備重刷は困難につき、新装版が1990年代に一部の書目で刊行された。2010年代からはオンデマンド出版で再刊をはじめている。

関連項目[編集]