日本文化私観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本文化私観
作者 坂口安吾
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 随筆評論
発表形態 雑誌掲載
初出現代文学1942年2月28日発行・3月号(第5巻第3号)
刊行 文体社 1943年12月5日
収録堕落論』 銀座出版社 1947年6月
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

日本文化私観』(にほんぶんかしかん)とは、堕落論と並び称される坂口安吾によるエッセイの代表作[1]

概要[編集]

太平洋戦争下、超国家主義伝統が盛んに叫ばれていた1942年昭和17年)の2月28日文芸同人雑誌現代文学』3月号(第五巻第三号)の「評論」欄に掲載された[2]。単行本は翌年1943年(昭和18年)12月5日に文体社より刊行された[3]

当時すでに和服も着なければ仇討ち精神も失い、伝統文化を失いつつあった当時の日本社会の変化を肯定し、「タウトは日本を発見しなければならなかったが、我々は日本を発見するまでもなく、現に日本人なのだ。我々は古代文化を見失っているかも知れぬが、日本を見失う筈はない。日本精神とは何ぞや、そういうことを我々自身が論じる必要はないのである。」と説き、ネオンサインなどの非伝統的な建築や技術を讃えた。

伝統や国民性という概念の形骸や欺瞞に対しては、「法隆寺平等院も焼けてしまつて一向に困らぬ。必要ならば、法隆寺をとり壊して停車場をつくるがいい」[4]、「必要ならば公園をひっくり返して菜園にせよ。それが真に必要ならば、必ずそこにも真の美が生れる。そこに真実の生活があるからだ。そうして、真に生活する限り、猿真似を羞ることはないのである。それが真実の生活であるかぎり、猿真似にも、独創と同一の優越があるのである」「やむべからざる実質がもとめた所の独自の形態が、美を生むのだ。」と言い切った(やみくもに法隆寺を壊せというわけではなく、必要ならば、という「演出的、作為的ではなく無意識の生活に根ざした実質性から生まれる文化的価値としての真の美」を強調した文である。)

これらの随筆文は『枯淡の風格を排す』(1935)などから一貫して、淪落に貫かれた世界であり、著者自らを時代の寵児たらしめた、終戦直後に発表される『堕落論』や『白痴』への道程を予兆させるものであった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 坂口安吾 『坂口安吾全集 03』 筑摩書房、1999年3月。ISBN 978-4480710338。 

関連項目[編集]