日本文字放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

株式会社日本文字放送(にほんもじほうそう、通称:テレモ日本)は、かつて東京都渋谷区に本社を置いていた会社。

沿革

1985年11月26日設立。日本放送協会の放送設備を賃借して、アナログテレビジョン放送においてハイブリッド方式の文字多重放送を行っていた放送事業者であった。

2001年12月31日、株式会社西日本文字放送(テレモ西日本)及び株式会社中部文字放送(テレモ中部)の営業を譲り受けた。なお、両社は翌2002年1月1日解散している。

テレビのデジタル化に伴い、アナログ放送が2011年までに終了することが決まったため、2008年3月31日を以って、字幕放送以外のアナログテレビ文字放送を終了した。その後はデジタルテレビデータ放送向けの字幕・データ制作などを業務とした。なお、アナログ字幕放送はバリアフリー化のための法改正により、標準テレビジョン放送の免許で行う放送の範囲内となっている。

そのため、NHK改革により、2009年4月1日付で、NHK情報ネットワークに事実上吸収合併され解散し、「株式会社NHKグローバルメディアサービス」として再出発した。

主な番組

文字放送は000-999までの1000の番組チャンネルが各放送局に割り当てられているが、テレモはNHKの電波を利用して放送を行ったため、NHKに割り当てられていた900番台の100チャンネル分を除く900チャンネル分(000-899)が割り当てられていた。

関連項目