日本基督教神学専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

日本基督教神学専門学校(にほんキリストきょうしんがくせんもんがっこう)は1944年日本基督教団によって設立されたプロテスタント超教派神学校で、今日の東京神学大学の直接の前身校である。

概要[編集]

1940年10月17日に青山学院校庭で開催された皇紀二千六百年奉祝全国基督教信徒大会で日本における全プロテスタント教会の合同が宣言され、翌年6月24日に富士見町教会日本基督教団が設立された。これを受けて日本各地のプロテスタント系神学校は以下の3校に統合された。

1944年には男子の2校の統合により日本基督教神学専門学校が設立された。その背景には学徒出陣による学生数の減少があり、日本基督教団が3校を同時に経営することはもはや難しくなったためである[3]。校舎は東部神学校のものを使用し、兵役の関係で予科や専修科を廃止した。

戦後の学制改革により日本基督教神学専門学校は新制大学東京神学大学に移行したが、8つの神学校が教派単位での日本基督教団からの離脱や学校復興などにより東京神学大学から離れていった[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 官報』 1943年4月28日
  2. ^ 同志社大学文学部神学科も合流を求められたが、大学令準拠の神学教育機関を手放すことはできぬとしてこれを拒んだ(『同志社九十年小史』 327-328頁)。
  3. ^ 『日本プロテスタント神学校史』 206頁
  4. ^ 東京神学大学の伝統と歩み|東京神学大学

参考文献[編集]

関連項目[編集]