日本棋院第一位決定戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

日本棋院第一位決定戦(にほんきいんだいいちいけっていせん)は、日本囲碁棋戦。前身の日本棋院最高段者トーナメント戦から発展解消して1959年に開始。1年半で1期、1968年まで7期行われ、全日本第一位決定戦に発展解消する(後に碁聖戦)。

最終第7期第一位の大竹英雄は、全日本第一位決定戦の第1期にトーナメント優勝者の挑戦を受けた。

目次

方式

  • 参加棋士は日本棋院所属の五段以上。
  • 第1-2期はトーナメント方式で決勝三番勝負。
  • 第3-7期は、前期優勝者がトーナメント優勝者と挑戦手合三番勝負を行う。
  • コミは4目半。持時間は5時間。

歴代優勝者と決勝戦

(左が優勝者)

  1. 1959年 藤沢秀行 2-0 宮下秀洋
  2. 1961年 坂田栄男 2-1 高川秀格
  3. 1963年 坂田栄男 2-0 高川秀格
  4. 1964年 坂田栄男 2-0 大平修三
  5. 1965年 坂田栄男 2-1 大平修三
  6. 1967年 大竹英雄 2-1 坂田栄男
  7. 1968年 大竹英雄 2-1 大平修三

記録

  • 最多優勝 4期 坂田栄男
  • 最多連覇 4期 坂田栄男

日本棋院最高段者トーナメント戦

1951年から58年まで4期行われた。

  • 主催 新聞囲碁連盟
  • 決勝は、第1期は三番勝負、第2期以降は一番勝負
  • コミは4目半

歴代優勝者と決勝戦

(左が優勝者)

  1. 1951年 坂田栄男 2-0 細川千仭
  2. 1952年 島村俊宏 - 村島誼紀
  3. 1955年 宮下秀洋 - 島村俊宏
  4. 1958年 島村俊宏 - 前田陳爾

今日は何の日(10月17日

もっと見る

「日本棋院第一位決定戦」のQ&A