日本歯科薬物療法学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本歯科薬物療法学会
正式名称 日本歯科薬物療法学会
英語名称 :Japanese Society of Oral Therapeutics and Pharmacology
略称 JSOTP
組織形態 一般社団法人
事務局所在地 日本
〒151-0051 
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-9-9 (株)大伸社内
北緯35度40分26.92秒
東経139度47分48.96秒
法人番号 2010605002561
人数 724名 (2011年9月30日現在)[1]
理事長 金子明寛[1]
活動内容 学術大会の開催
『歯科薬物療法』の発行等
活動領域 歯科における薬物療法
設立年月日 1982年[2]
上位組織 日本歯科医学会
参加プロジェクト インフェクションコントロールドクター(ICD制度協議会)
ウェブサイト http://jsotp.kenkyuukai.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人日本歯科薬物療法学会(にほんしかやくぶつりょうほうがっかい、 Japanese Society of Oral Therapeutics and Pharmacology;JSOTP)は、歯科の治療における薬物療法を用いる研究を中心とした専門学術団体である。歯科医師以外にも薬剤師医師なども所属している。1982年設立。ICD制度協議会加盟学会。日本歯科医学会の専門分科会。

概要[編集]

  • 薬物療法の開拓(治験など)および普及・情報提供。
  • 歯科医師のスキルアップ。
  • 会員数:724名(2011年9月30日現在)[1]

総会[編集]

  • 年1回

本部事務局[編集]

  • 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-9-9 (株)大伸社内

支部[編集]

  • なし

学会誌[編集]

  • 「歯科薬物療法」年3刊(ISSN:0288-1012)(国立国会図書館請求番号)
  • 「歯科用医薬品集」年5刊

専門認定[編集]

大会等[編集]

月日 名称 大会長 会場 テーマ 参加者数 備考
1982年 第1回 上野正 [3]
1983年 第2回 久野吉雄 [3]
1984年 第3回 高井宏 [3]
1985年 第4回 檜谷旺夫 [3]
1986年 第5回 佐々木次郎 [3]
1987年 第6回 田村豊幸 [3]
1988年 第7回 作田正義 [3]
1989年 第8回 久保田康郎 [3]
1990年 第9回 成田令博 [3]
1991年 第10回 斎藤毅 [3]
1992年 第11回 西島克己 [3]
1993年 第12回 池田克己 [3]
1994年 第13回 島田桂吉 [3]
1995年 第14回 伊藤春生 [3]
1996年 第15回 岡野博郎 [3]
1997年 第16回 淺井康宏 [3]
1998年 第17回 藤田浩 [3]
1999年 第18回 松本章 [3]
2000年 第19回 道健一 [3]
2001年 第20回 古屋英毅 [3]
2002年 第21回 石川武憲 [3]
2003年 第22回 大浦清 [3]
2004年 第23回 天笠光雄 [3]
2005年 第24回 鴨居久一 [3]
2005年 第25回 石橋克禮 [3]
2006年 第26回 長畑駿一郎 [3]
2007年 第27回 藤井彰 [3]
2008年 6月26日~28日 第28回日本歯科薬物療法学会総会・学術大会 須田英明 文京シビックホール [4]
2009年 6月19日~21日 第29回日本歯科薬物療法学会総会・学術大会 大東道治 大阪歯科大学 [5]
2010年 7月2日~4日 第30回日本歯科薬物療法学会総会・学術大会 佐藤田鶴子 日本歯科大学 [6]
2011年 6月24日~26日 第31回日本歯科薬物療法学会総会・学術大会 川口充 ホテルスプリングス幕張 クリニカルサイエンスにおける臨床と基礎の研究クロストーク
-歯科臨床エビデンスを求めて-
[7]
2012年 6月30日~7月1日 第32回日本歯科薬物療法学会総会・学術大会 覚道健治 大阪国際会議場 歯科における薬物療法の新展開
Newly Development of Pharmaceutical Therapeutics in Dentistry
[8]
2013年 6月14日~16日 第33回日本歯科薬物療法学会総会・学術大会 大谷啓一 東京医科歯科大学 継承と飛躍 [9]
2014年 6月21日~22日 第34回日本歯科薬物療法学会学術大会 森田章介 大阪歯科大学 歯科薬物療法を科学する [10]
2015年 6月20日~21日 第33回日本歯科薬物療法学会学術大会 前田伸子 鶴見大学 日常歯科診療に活かす薬物療法 [11]

学会賞[編集]

  • なし

入会[編集]

  • 一般会員        入会金1,000円  年額10,000円

加盟団体[編集]

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日本歯科薬物療法学会”. 日本歯科医学会. 2011年11月18日閲覧。
  2. ^ 学会紹介”. 日本歯科薬物療法学会. 2011年11月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 「日本歯科薬物療法学会 開催記録」、『歯科薬物療法』第34巻第2号、日本歯科薬物療法学会、2015年6月、 2頁、 ISSN 0288-1012
  4. ^ 第28回 日本歯科薬物療法学会 総会・学術大会”. 2011年11月18日閲覧。
  5. ^ 29回 歯科薬物療法学会総会・学術大会 The 29th Annual Meeting of the Japanese Society of Oral Therapeutics and Pharmacology”. 2011年11月18日閲覧。
  6. ^ 第30回日本歯科薬物療法学会のご案内(第3報) (PDF)”. 2011年11月18日閲覧。
  7. ^ 第31回日本歯科薬物療法学会学術大会”. 2011年11月18日閲覧。
  8. ^ 第32回日本歯科薬物療法学会”. 2013年1月22日閲覧。
  9. ^ 第33回日本歯科薬物療法学会・学術集会”. 2013年1月22日閲覧。
  10. ^ 第34回日本歯科薬物療法学会学術集会”. 2015年6月21日閲覧。
  11. ^ 第35回日本歯科薬物療法学会学術集会”. 2015年6月21日閲覧。