日本産婦人科医会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
公益社団法人日本産婦人科医会
設立 1949年
種類 公益社団法人
法人番号 5011105004814 ウィキデータを編集
本部 東京都新宿区市谷八幡町14番地市ヶ谷中央ビル
会長 寺尾俊彦(浜松医科大学学長理事長)
ウェブサイト www.jaog.or.jp
テンプレートを表示

公益社団法人 日本産婦人科医会(にほんさんふじんかいかい)は、1949年に谷口弥三郎が中心になって組織した、産婦人科医が加入する職能団体母子の生命健康を保護するとともに、女性の健康を保持・増進し、もって国民の保健の向上に寄与することを目的としている。

2020年、「おはよう日本」などニュース番組で緊急避妊薬の導入をめぐる日本の課題が取り上げられた際、出演した日本産婦人科医会の副会長・前田津紀夫は導入に関して消極的な発言をし、その内容が物議を醸した[1]。とくに若い女性に対する性教育の不足が問題だとする論調に批判が集中し、パターナリズムであるとの厳しい指摘も相次いだ[1][2]。なお、日本産婦人科医会は公式サイトにおいて緊急避妊法を紹介している[3]

沿革[編集]

  • 昭和 23年(1948) 優生保護法成立 各都道府県に母性保護医協会設立
  • 昭和 24年(1949) 日本母性保護医協会 全国の優生保護法指定医師を以て組織
  • 昭和 27年(1952) 社団法人日本母性保護医協会
  • 平成 6年(1994) 社団法人日本母性保護産婦人科医会
  • 平成 8年(1996) 母体保護法成立
  • 平成 13年(2001) 日本産婦人科医会

出典[編集]