日本眼形成再建外科学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

日本眼形成再建外科学会(にほんがんけいせいさいけんげかがっかい、英語:Japan Society of Ophthalmic Plastic and Reconstructive Surgery) は、眼部領域における疾患とその治療法について、機能と整容面を考慮した再建手術に関する知見や研究内容を共有し、眼科と形成外科の垣根を超えた診療と治療技術の発展を促進するために設立された学会。2013年(平成25年)に設立され、2019年(令和元年)より野田実香が学会理事長を務めている。 事務局を東京都港区南青山2-26-35-8Fに置いている。

活動[編集]

  • 学術集会・総会の開催(年1度)[1] 第8回学術集会は2021年5月15日−16日 愛媛県松山市で開催予定[2]、会員向けニュースレターの発行(電子版と学会での印刷物配布)、理事会報告、学会報告記、開催予定の学会予告、海外論文の要約と紹介など。
  • 一般の方向コンテンツ[3] 日常的な疾患に対する、分かりやすい説明と治療法を紹介、学会ウェブサイト上から、手術を受けられる施設の紹介、
  • 会員向け動画コンテンツの提供[4] 学会や手術の動画を閲覧できるSurgical Box(動画閲覧サイト)
  • セミナーの開催 手術手技の向上を目指し、ウェットラボや実技練習を随時開催。

学会誌[編集]

日本眼形成再建外科学会誌を2021年刊行予定。PDFで発行し、抄録は医学中央雑誌に掲載の方向。

脚注[編集]

関連学会[編集]