日本神の教会連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本神の教会連盟
Toyama School Officer Meeting Hall.jpg
戸山教会(陸軍戸山学校跡)
設立年 1908年
法人番号 4011605001849
本部 日本の旗 日本東京都練馬区羽沢2丁目12番9号[1]
座標 北緯34度44分43秒 東経139度40分16秒 / 北緯34.74528度 東経139.67111度 / 34.74528; 139.67111座標: 北緯34度44分43秒 東経139度40分16秒 / 北緯34.74528度 東経139.67111度 / 34.74528; 139.67111
ウェブサイト 日本神の教会連盟.com

日本神の教会連盟 (にほんかみのきょうかいれんめい)は日本のプロテスタント福音派の団体。日本福音同盟に加盟している。

沿革[編集]

現況[編集]

北海道1、関東7、近畿3、九州3、沖縄2、計16の教会、及び日本基督教団に所属しつつ交流を保っている2つの教会がある。

特色[編集]

  • 信仰のモットーは「初代教会の教えと信仰に帰れ」である。
  • 「キリスト者の聖めと一致」を最大の教理的特徴とする。

歴史[編集]

教義及び信条[編集]

聖書は神のことばにして、信仰上道徳上の教訓を興うる点において全く誤謬なきを信ず。されば当然、三位一体、キリストの神性、その犠牲によれる贖罪、人間の内に於ける聖霊の活動等を信ず。

教会の起源[編集]

キリストは「我が教会を建てん」とのことばに従い、その後ほどなく之を立て給いしことは、聖書の明らかに示す所にして、その名は「神の教会」と称せらる。此は固より永久に存し決して消滅すべきものに非ず、また消滅したること非ざれども、後年人為的教会無数に組織せられ、為めに之に掩われてほとんどその存在を認められざるに至りしが、紀元1880年頃米国にデー・エス・ワーナーなるひとあり、クリスチャンはキリストの体たる教会に属する者にして、その他の教会に属すべきに非ざることを示され他の数人の教役者と共に従来所属の教会より離れ、一切聖書の教ゆる所に復帰すべしとの運動を起こしたり。この運動は迅速に世界の前面に波及し、いまやカナダ、英国、スカンジナビヤ、ドイツ、満州、シリア、インド、支那、南米等に之を見、明治41年ごろより我が日本にもその開始を見たり。

教会の特徴[編集]

一般の教会に比してその特徴と見るべきは、全身を水に浸すバプテスマ新生したる者のさらに聖霊を受けて潔めらるる事、身体の神癒、霊魂の不滅、死者の復活と審判、永久の賞罰、千年期説否定、飲酒喫煙の禁止等なるべし。

教会の政治[編集]

新約聖書によれば教会の総督はキリストにして、その役員は長老執事との二階級あるのみ。使徒(第一意義に於ける)は13使徒のみにて止む。監督牧師教師伝道者等は長老の職務の名称に外ならず[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本神の教会連盟の情報 国税庁法人番号公表サイト
  2. ^ 『基督教年鑑』日本基督教聯盟編1934年版p.34

関連項目[編集]