日本福祉党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本福祉党(にっぽんふくしとう、The Japan Wellbeing Party)は、日本政治団体NPO基本法の充実、年金制度是正、地域間格差の解消、入れ歯鍼灸マッサージ等への健康保険適用範囲の拡大、尊厳死の法制化、ホスピス設置の拡大、三世代住宅に対する減税等の福祉政策を主に掲げている。

八代英太がかつて代表を務めた「福祉党」とは無関係である。

老人福祉党の設立から分裂まで[編集]

林隆造 - 元自衛官1976年第11回参議院議員通常選挙全国区から無所属で立候補。
前川逸男 - 医師、「国民政治連合政策研究会」代表、「政治をよくする会」代表。1980年第12回参議院議員通常選挙に全国区から無所属で、1983年第37回衆議院議員総選挙に三重2区から「政治をよくする会」で、各々立候補。
吉川朝臣 - 1976年第34回衆議院議員総選挙に神奈川1区から無所属で、1980年第12回参議院議員通常選挙に「日本国民政治連合」で、神奈川地方区から立候補。
  • 1987年 代表が植井和市、会計責任者が花輪治三(春造)に交替し、事務所所在地が福田拓泉撫子夫妻の東京都足立区内の住所と同一になる。
  • 1988年 代表・会計責任者が有田よし子(佐々木よし子)に変更され、埼玉県川口市に移転するのとほぼ同時に、林隆造を代表にして「老人福祉研究会」が東京都新宿区に別個に設立される。

分裂後[編集]

  • 1989年第15回参議院議員通常選挙において、有田派「老人福祉党」は動きを見せなかったが、元会計責任者の花輪治三は福田拓泉の支援を受けて「老人福祉党」から独立し、「エイズ根絶性病撲滅国民運動太陽新党」(略称:太陽新党)を新規に結党して、確認団体として東京選挙区から1名(小林寿夫)、比例代表区から花輪を含む9名を擁立。衝撃的内容の政見放送が話題を呼ぶが、全員落選。
  • 一方「老人福祉研究会」側は、党代表に松崎泰夫を迎えて「老人福祉党」を結党(登記上は「老人福祉研究会」も1991年まで存続)。この時点で「老人福祉党」が2団体併存する異例の事態になる。比例候補 松江宏次 阿部評博
  • 当該林・松崎派「老人福祉党」は、確認団体として東京都選挙区から1名(東三元)、比例代表区から林、松崎を含む9名を擁立したが、全員落選(得票率0.33)。
  • 同年同月の東京都議会議員選挙には、小林寿夫(千代田区)、高州素雄(新宿区)、河野弘行(豊島区)の3名が「老人福祉党」の公認候補者として出馬している。
  • 1991年 埼玉県浦和市に移転していた有田派の「老人福祉党」が、政治団体名簿から抹消される。
  • 1992年第16回参議院議員通常選挙には、有田派の活動停止により、林・松崎派に一本化された「老人福祉党」のみが立候補。確認団体として東京都選挙区から東の1名、比例代表区から林、松崎、福田撫子(本名の福田厚子で立候補)を含む9名を擁立したが、全員落選。しかし比例区の得票率は0.94%に達し、福祉問題への国民の関心の高まりを反映した結果になった。
  • 1993年 第40回衆議院議員総選挙(細川連立内閣成立)には、立候補を見送る。

日本福祉党としての活動[編集]