日本精神史研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本精神史研究』(にほんせいしんしけんきゅう)は、和辻哲郎の著作で、1926年に出版された。

概要[編集]

本書は1920年岩波書店刊の「日本古代史研究」の続編に位置付けられる著作であり、和辻の代表作の一つに数えられる。一貫した体系を持った著作ではなく、日本文化・日本精神に関する個々の問題について考察を行った論文集であり、和辻は序文において本書を「あくまで習作である」と述べている。

初版は岩波書店から1926年に出版され、改訂版は1940年12月に出版された。近年でも『和辻哲郎全集』第4巻(第2次出版、1989年8月)、岩波文庫1992年11月)、ワイド版岩波文庫(2005年2月)と様々な形で出版され、容易に入手出来る。1935年に『続日本精神史研究』が出版され、この続編も全集第4巻に併収されている。

2002年4月に燈影舎から出版した『京都哲学撰書.第24巻 新編 日本精神史研究』には、『日本―』から数編の論考を省き、『続―』から「日本精神」と「日本の文藝と仏教思想」の2編を所収している。

改訂版(1940年)の序文で、和辻は「全体にわたって語句の修正を施し、二、三のヶ所にはやや詳しく修補を加えた」が「根本的に変更したものはない」と述べてはいるが、例えば古代の日本人の仏教受容について「日本人の仏教理解がはなはな(甚だ)浅はかであった」とする見解を「確かに当たっている」とする見解を、「明らかに誤謬である」と改めるなど、重要な論旨の変更が存在することは門下生からも指摘されている[1]

所収された論考の一覧[編集]

本書には以下の論文を収める。これらの論文の大部分は、岩波書店の月刊誌『思想』に掲載された。

『続日本精神史研究』に収録された論考

  • 「日本精神」[13]
  • 「日本の文藝と仏教思想」[14]
  • 東洋美術の「様式」
  • 現代日本と町人根性
  • 日本語と哲学の問題

刊行書誌[編集]

  • 『日本精神史研究』 岩波書店、1926年
  • 『続 日本精神史研究』 岩波書店、1935年
  • 『改訂版 日本精神史研究』 岩波書店、1940年12月
  • 『日本精神史研究 改版』 岩波書店、1970年
  • 『全集 第四巻 日本精神史研究 正・続』 岩波書店、1989年8月(第2次)
    第1次は1962年2月刊、編集委員は安倍能成天野貞祐谷川徹三金子武蔵古川哲史中村元
  • 『日本精神史研究』 岩波文庫、1992年11月。ISBN 978-4-00-331447-0
  • 『京都哲学撰書 第24巻 新編 日本精神史研究』藤田正勝編、燈影舎、2002年4月。ISBN 978-4-924520-89-9
  • 『日本精神史研究』 ワイド版岩波文庫、2005年。ISBN 978-4-00-007252-6

参考文献[編集]

  • 古川哲史「解説」『和辻哲郎全集 第四巻』
  • 加藤周一「解説 作品・方法・感受性及び時代」『日本精神史研究』岩波文庫
  • 藤田正勝「解説」『京都哲学撰書第24巻 新編 日本精神史研究』

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 古川哲史 『和辻哲郎全集 第4巻』版の「解説」より
  2. ^ 初出は『思想』1922年5月号
  3. ^ 初出は『思想』1922年6月号
  4. ^ 初出は『思想』1922年4月号
  5. ^ 初出は「天平美術の様式」の原題で『仏教美術』1925年12月号
  6. ^ 初出は『思想』1920年1月号
  7. ^ 初出は『思想』1922年8月号
  8. ^ 初出は『思想』1922年11月号
  9. ^ 初出は『思想』1922年8月号
  10. ^ 初出は『思想』1922年11月号
  11. ^ 初出は『思想』1922年9月号
  12. ^ 初めの3分の2は雑誌『新小説』に掲載したもの
  13. ^ 初出は岩波講座『東洋思潮』1934年9月
  14. ^ 初出は「日本文学と外来思潮との交渉 (1)仏教思想」の原題で岩波講座『東洋文学』1933年4月