日本製鋼所広島製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

座標: 北緯34度22分14秒 東経132度31分06秒 / 北緯34.370636度 東経132.518281度 / 34.370636; 132.518281

正面玄関

株式会社日本製鋼所広島製作所にほんせいこうしょひろしませいさくしょ、The Japan Steel Works, Ltd. Hiroshima Plant)は広島県広島市安芸区船越南1丁目6-1にある、日本製鋼所の製作所である。

概要[編集]

日本製鋼所広島製作所は、1917年大正6年)に広島県船越村に設立された松田製作所を1920年(大正9年)買収してできた廣島工場を前身とする、日本製鋼所の主力機械工場である。

広島製作所では射出成形機、造粒機、混練押出機などの樹脂機械、マグネシウム合金の射出成形(チクソモールディング)機、携帯電話などに使われるマグネシウム射出成形品を生産している。

また日本で唯一の砲を製造できる工場であり、現在も機関砲、戦車砲、艦載砲などの砲のほか、ミサイル発射装置などの兵器システムを製作している。

生産品[編集]

  • 樹脂機械
  • プラスチック用射出成形機
  • マグネシウム用射出成形機
  • マグネシウム半製品
  • コンポスト装置
  • ガス圧縮機
  • 鉄道用連結器・緩衝器
  • 防衛機器
  • 特殊材料

アクセス[編集]

沿革[編集]

  • 1917年(大正6年)広島県船越村に株式会社松田製作所を設立
  • 1920年(大正9年)株式會社松田製作所を買収、廣島工場(現広島製作所)とする。一部は東洋コルク工業(現マツダ)として分離独立
  • 1945年昭和20年)終戦、民需転換開始
  • 1949年(昭和24年)広島日鋼争議
  • 1950年(昭和25年)ガス圧縮機、樹脂押出機の第一号機完成
  • 1950年(昭和25年)企業再建整備法により株式会社旧日本製鋼所と改称ののち解散、あらたに株式会社日本製鋼所を設立(4製作所、1作業所体制)
  • 1961年(昭和36年)樹脂射出成形機第一号機完成
  • 1975年(昭和50年)広島製作所内に機械研究所を設立
  • 1993年平成5年)マグネシウム合金用チクソモールディングマシンの第一号機完成
  • 1995年(平成7年)ISO 9001取得
  • 1998年(平成10年)ISO 14001取得

関連項目[編集]