日本言語学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本言語学会(にほんげんごがっかい、The Linguistic Society of Japan)は、言語科学研究の進歩・発展に寄与することを目的として1938年昭和13年)に設立された学術団体である。京都市の中西印刷株式会社に事務局を置く。年2回大会を開催し、また年2回機関誌『言語研究』を発行している。

沿革[編集]

歴代会長[編集]

氏名 任期
初代 新村出 1950年 - 1966年
2代 金田一京助 1967年 - 1970年
3代 高津春繁 1971年 - 1972年
4代 柴田武 1973年 - 1974年
5代 服部四郎 1975年 - 1976年
6代 泉井久之助 1977年 - 1978年
7代 西田龍雄 1979年 - 1980年
8代 川本茂雄 1981年 - 1982年
9代 井上和子 1983年 - 1984年
10代 国広哲弥 1985年 - 1987年
11代 小泉保 1988年 - 1990年
12代 松本克己 1991年 - 1993年
13代 梅田博之 1994年 - 1996年
14代 柴谷方良 1997年 - 1999年
15代 早田輝洋 2000年 - 2002年
16代 庄垣内正弘 2003年 - 2005年
17代 上野善道 2006年 - 2008年
18代 影山太郎 2009年 - 2011年
19代 梶茂樹 2012年 - 2014年
20代 窪薗晴夫 2015年 - 2017年
21代 田窪行則 2018年 -

1950年以前は役員制度は無し

学会活動[編集]

日本言語学会は、国内における言語学に関する諸学会のうち、もっとも古くそしてもっとも多くの会員数を誇る。大会での発表ないし機関紙での発表は、特定の分野に偏ることなくさまざまな研究領域からの論文が発表されている。1998年平成10年)から隔年で夏期講座を催し、第一線で活躍する研究者によるセミナーを開講している。

その他[編集]

2013年に開かれた第147回大会において、口頭発表のうち1件に剽窃の疑いがあるとの聴衆の指摘を受け調査を行ったところ、剽窃による発表であったことが判明した。これを受けて、学会側は大会プログラムおよび大会発表要旨から当該の口頭発表に関する情報を削除した。

関連項目[編集]