日本貿易会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一般社団法人 日本貿易会(にほんぼうえきかい、: Japan Foreign Trade Council,Inc.、略称:JFTC)は、日本の貿易商社を中心に組織された業界団体。元経済産業省所管。1942年に統制会の一つとして発足しているが、第二次世界大戦後の民間貿易再開に際して貿易関連4団体を統合し、1947年に経済団体として設立。1986年に業界団体に改組した。

概要[編集]

沿革[編集]

  • 1942年 - 重要産業統制法及び重要産業団体令により設立[1]
  • 1947年6月25日 - 同年8月の民間貿易再開に先立ち、社団法人日本貿易協会、財団法人日本貿易振興協会、社団法人日本交易協会、明治時代創立の日本貿易振興会を統合し、社団法人日本貿易会を設立し、経団連傘下となった[2]。初代会長には元商工大臣の中嶋久萬吉が就任した。
  • 1951年 - 財団法人海外市場調査会(現・独立行政法人日本貿易振興機構)を設立。
  • 1973年 - 2月に海外投資行動規準、5月に総合商社行動基準を策定。
  • 1986年 - 経済団体から貿易商社・貿易団体を中心とした団体に改組。

脚注[編集]

  1. ^ 日本貿易会の設立とその任務』、繊維製品輸出振興株式会社企画部『仏領印度支那貿易概観』 。大同書院、1942年。ただし1947年設立の同名団体との関連は不明。
  2. ^ 日本興業銀行五十年史』、日本興業銀行、1957年。