日本軍慰安婦問題解決の為の世界大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

日本軍慰安婦問題解決の為の世界大会(にほんぐんいあんふもんだいかいけつのためのせかいたいかい、The World Conference on Japanese Military Sexual Slavery)は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で2007年10月4日から10月6日まで開催された日本軍慰安婦問題に関する国際大会である。同種のイベントとしては初めてアメリカで開催された。

大会には韓国、日本、台湾、フィリピン、オランダ、ドイツなどの慰安婦問題に取り組んでいる団体と各国の慰安婦、そして旧ユーゴ国際戦犯法廷ルワンダ国際戦犯法廷のジェンダー犯罪法律顧問を務めたパトリシア・セラーズやアメリカ合衆国下院121号決議の審議にも参加したアニー・ファレオマバエガ下院議員(米領サモア、民主党)などの知識人、法律家、政治家などが参加した。

また今大会では「日本軍『慰安婦』被害者のための人権宣言」が採択された。

関連項目[編集]