日本郵政グループ女子陸上部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本郵政グループ女子陸上部(にっぽんゆうせいグループじょしりくじょうぶ)は、日本郵政グループの女子陸上競技部である。

概要[編集]

2013年10月にJPタワーで創部発表会を行い、2014年4月に日本郵政グループ創業初の実業団チームとして創部された[1][2]。「手紙を運ぶ郵便」と「たすきをつなぐ駅伝」の親和性の強さから、駅伝を中心に、中長距離選手の育成・支援をするとともに、スポーツ活動を通じた、地域・社会への貢献も目指すことをチームの理念としている[3]。監督には積水化学リクルートACでコーチとして高橋尚子有森裕子を指導し[4]UFJ銀行トヨタ車体東京電力(いずれも休廃部)の監督を務めた高橋昌彦を迎えた[5]

選手は日本郵政グループの3社(日本郵便ゆうちょ銀行かんぽ生命保険)に所属しながら競技活動を行っている。2015年3月に東京都小金井市に寮が完成し、全ての選手が集団生活を送っている[6]

主な実績[編集]

2015年

2016年

  • 第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 優勝[8]

2017年

  • 第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 3位[9]

2018年

  • 第38回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 7位[10]

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

1期生(2014年)

鈴木亜由子(キャプテン)、柴田千歳(副キャプテン)、関根花観、池田優子(~2016)、小座間夏子(~2016)、藤田千尋(~2016)

2期生(2015年)

寺内希(~2018)、岩高莉奈(~2017)、岩橋優(~2017)、東出早紀子(~2017)

3期生(2016年)

鍋島莉奈(副キャプテン)、宇都宮恵理、中川京香(~2017)

4期生(2017年)

上原明悠美(~2018)、木村芙有加(~2019)、澤口真美絵(~2019)、廣瀬亜美(~2017)

5期生(2018年)

太田琴菜、樽本知夏、林英麻

スタッフ[編集]

  • 高橋昌彦(監督)
  • 齋藤由貴(コーチ)
  • 比企和一(コーチ)
  • 早瀬浩二(コーチ)
  • 下田翔子(マネージャー)
  • 臼田梨紗(管理栄養士)

脚注[編集]

  1. ^ 日本郵政グループ女子陸上部のトピックス 公式サイト 2016年6月10日
  2. ^ 「日本郵政グループ女子陸上部」の創部について 日本郵政株式会社プレスリリース 2016年6月10日
  3. ^ 女子陸上部について 公式サイト 2016年6月10日
  4. ^ “日本郵政グループ女子陸上部が発足”. 日刊スポーツ. (2013年10月1日). http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/f-sp-tp0-20131001-1198113.html 2017年1月15日閲覧。 
  5. ^ “ひと 高橋昌彦さん=クイーンズ駅伝で初優勝した日本郵政グループ監督”. 毎日新聞. (2016年11月28日). http://mainichi.jp/articles/20161128/ddm/003/070/073000c 2017年1月15日閲覧。 
  6. ^ 日本郵政グループ女子陸上部公式Facebook2015年3月11日付記事 2016年6月10日
  7. ^ 第35回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会記録日本実業団陸上競技連合 2016年6月10日
  8. ^ 日本郵政グループ初優勝=豊田自動織機は失格-実業団女子駅伝 時事通信社 2016年11月27日
  9. ^ 第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 日本陸上競技連盟公式サイト 2019年2月3日
  10. ^ 第38回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 日本陸上競技連盟公式サイト 2019年2月3日