日本郵船歴史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 日本郵船歴史博物館
NYK MARITIME MUSEUM
NYK maritime museum01s3200.jpg
横浜郵船ビル
日本郵船歴史博物館の位置(横浜市内)
日本郵船歴史博物館
横浜市内の位置
施設情報
前身 日本郵船歴史資料館
専門分野 日本海運
館長 清水繁
管理運営 日本郵船
建物設計 和田順顕建築事務所[1]
開館 1993年12月
所在地 231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通3-9
位置 北緯35度27分1.13秒 東経139度38分21.85秒 / 北緯35.4503139度 東経139.6394028度 / 35.4503139; 139.6394028座標: 北緯35度27分1.13秒 東経139度38分21.85秒 / 北緯35.4503139度 東経139.6394028度 / 35.4503139; 139.6394028
アクセス みなとみらい線馬車道駅」徒歩2分
バスで「警察本部前」下車すぐ
公式サイト http://www.nyk.com/rekishi/
プロジェクト:GLAM

日本郵船歴史博物館(にっぽんゆうせんれきしはくぶつかん)は、日本郵船企業博物館である。

概要[編集]

1993年に日本郵船グループが所有する横浜市中区の横浜ビル内にて「日本郵船歴史資料館」として開館し、2003年に隣接する横浜郵船ビルの1階オフィススペースを改装したうえで移転して「日本郵船歴史博物館」として再開館した。

日本郵船の社史を通して日本の海運の歴史を後世に伝える内容で常設展では明治維新から現在の日本郵船までの歴史を展示をしており、そのほかに企画展やイベントを行っている。

横浜郵船ビル[編集]

1936年に竣工したギリシャコリント式のビルである。2003年には博物館とするため大規模な改修を行った。そのために1階部分を竣工時通りにするために天井照明などを変えるなどをした。そのことが評価されて第15回BELCA賞ベストリフォーム部門で受賞をしている[2]。また、経済産業省近代化産業遺産にも認定されている。

施設[編集]

常設展示
  1. 日本をひらく - 「郵便汽船三菱会社」の創業を紹介
  2. 日本郵船誕生秘話 - 「共同運輸会社」との競争から日本郵船への一本化を紹介
  3. 世界にひらく - 海外航路開拓の時代を紹介
  4. 豪華客船時代の到来 - 浅間丸に代表される昭和初期の客船黄金期を紹介
  5. 戦争と壊滅 - 太平洋戦争時の被害を紹介
  6. 復興への道 - 戦後復興期の航路回復を紹介
  7. 総合海運会社への変革 - 高度経済成長を背景とした多角化戦略を紹介
  8. 安定成長への対応 - オイルショックと海運不況以降の新たな試みを紹介
  9. NYKコーナー - 博物館本館と氷川丸の施設、日本郵船グループの事業を紹介(入館無料)
その他施設
  • オリエンテーションコーナー - 海運関係図書約1500冊を所蔵
  • 企画展示
  • 客船コーナー - 歴代の日本郵船の客船を紹介
  • ティーコーナー
  • ミュージアムショップ
  • 中庭

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜郵船ビル”. HITNET(ヒットネット)産業技術史資料共通データベース. 2014年2月10日閲覧。
  2. ^ 「横浜郵船ビル」、ベルカ賞を受賞

関連項目[編集]