日本鉄道運転協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本鉄道運転協会
Japan Train Operation Association
団体種類 一般社団法人
設立 1959年1月29日
所在地 東京都台東区東上野1-12-2
東上野関東ビル8階
北緯35度42分27.56秒東経139度46分40.21秒座標: 北緯35度42分27.56秒 東経139度46分40.21秒
法人番号 1010505001953
主要人物 会長 石田義雄
活動地域 日本の旗 日本
製品 運転協会誌
主眼 鉄道輸送の安全性、安定性、効率性の向上
活動内容 鉄道の運転業務に関する調査研究、知識の普及、技術の向上に関する事業
ウェブサイト http://www.jtoa.or.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人日本鉄道運転協会(にっぽんてつどううんてんきょうかい、略称: 運転協会: Japan Train Operation Association、英文略称: JTOA)は、鉄道運転業務全般に関連した調査並びに研究を通して鉄道全体に寄与する事を目的として設立された一般社団法人である。1959年1月29日社団法人として設立され、公益法人制度改革に伴い、2011年4月1日に一般社団法人に移行した。所在地は東京都台東区東上野1-12-2 東上野関東ビル8Fである。

協会の構成内容[編集]

支部

北海道、東北、新潟、中部、関西、広島、四国、九州の8つの支部と関東部会の計9つの支部が置かれている。

会員の構成内容[編集]

特別法人会員

鉄道事業者や車両製造会社、その他鉄道関連会社等の概ね220事業者が所属している。

個人会員

概ね25,800名が在籍している。年会費は4,800円で一般者も会員に登録出来る。その場合は直接運転協会の事業部に申し込む。

主な活動[編集]

  • 刊行物「運転協会誌」の発行
  • 運転関連の調査/研究
  • 中小鉄道事業者に対する教育支援事業
  • 鉄道視察団の海外への派遣
  • 講習会/運転講座その他の開催

その他

関連項目[編集]