日本鉱業佐賀関硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本鉱業佐賀関硬式野球部
チーム名(通称) 日鉱佐賀関、日本鉱業佐賀関
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1958年
廃部 1987年
チーム名の遍歴
  • 日本鉱業佐賀関 (1958 - 1987)
本拠地自治体
都市対抗野球大会
出場回数 6回
最近の出場 1982年
最高成績 ベスト4
社会人野球日本選手権大会
出場回数 4回
最近の出場 1986年
最高成績 準優勝
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

日本鉱業佐賀関硬式野球部(にほんこうぎょうさがのせきこうしきやきゅうぶ)は、大分県北海部郡佐賀関町に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球の企業チームである。1987年11月に解散した。

運営母体は、金属製錬事業を手掛ける日本鉱業

概要[編集]

1957年12月に日本鉱業佐賀関製錬所を拠点にチーム結成の話が持ち上がり、1958年春に『日本鉱業佐賀関硬式野球部』として活動を開始した[1]

1967年都市対抗野球に初出場を果たした[1]

1976年都市対抗野球ではベスト8まで進出し、初出場となった日本選手権では準優勝となった。

1977年都市対抗野球でベスト4まで進出。

1987年11月、円高不況の影響による経営効率化のため休部が発表され[2]、その後廃部となった。

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “黒獅子旗をめざして”. 毎日新聞: p. 13. (1967年7月7日) 
  2. ^ “社会人野球の日鉱佐賀関が休部”. 毎日新聞: p. 18. (1987年12月2日) 

関連項目[編集]