日本電波ニュース社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 日本電波ニュース社
Nihon Denpa News Co.,Ltd
種類 株式会社
略称 NDN、NDN News
本社所在地 日本の旗 日本
106-0047
東京都港区南麻布1-5-10 小池ビル3階
設立 1960年
業種 情報・通信業
法人番号 9010401023012
事業内容 テレビ・ラジオ用のニュース、番組の取材・制作、映像の制作・売買、イベント企画・制作
代表者 代表取締役 石垣巳佐夫
資本金 1,200万円
売上高 非公表
従業員数 22名
外部リンク http://www.ndn-news.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社日本電波ニュース社Nihon Denpa News Co.,Ltd、略称NDN)は、「日本で初めてのテレビニュース通信社」[1]として創立され、テレビ番組とビデオ・パッケージを制作する日本企業である。本社は、東京都港区南麻布一丁目[2]1975年サイゴン解放(サイゴン陥落)をカラーフィルム映像で伝えるなど、スクープも少なくない。創立以来、NHK日本テレビTBSフジテレビテレビ朝日テレビ東京朝日放送読売テレビ関西テレビ等、在京キー局や準キー局を中心にニュースを提供してきた。かつては自主上映向けや劇場向けの映画も製作した。

沿革[編集]

1960年3月2日日本放送協会従業員組合初代委員長で、1950年レッドパージで職場を追われた柳澤恭雄が、テレビ局に共産圏・東欧諸国を含む海外ニュースを配信する目的で、東京都中央区京橋に設立された[3]。元NHK記者や記録映画社のカメラマンらをスタッフとして雇用[3]

1961年日本テレビ特番「新中国を行く」放映。これは、日本のテレビ界初の中国紹介番組とされる[2]

1964年、中国の北京北ベトナムハノイそれぞれ支局を開設[2]1965年、米軍による北ベトナムへの「北爆」が激しくなるにつれて、この状況を映像でとらえた報道で海外からも存在を知られるようになる[2]

1966年映画部門を創設[2]

1968年カンボジアプノンペンに支局開設。「インドシナニュース」とテレビ局向けの「特集番組」制作に本格的に取り組む[2]1969年チェコスロバキアプラハに支局開設[2]山本薩夫監督・編集の記録映画「ベトナム」完成[4]。120万人を動員[2]1975年、サイゴン解放を報道[2]1976年エジプトカイロに支局開設[2]1977年、山本薩夫総監督の記録映画「トンニャット・ベトナム」完成[5]

1980年、これまでのフィルムによる映像配信に加え、ビデオでのニュース配信を開始。1987年、広告代理業務を行なう関連会社を設立。1994年ザイールゴマに臨時支局を設置し、ルワンダ内戦を取材。1995年阪神・淡路大震災で現地に臨時支局をおいた[2]2000年ハイビジョン化に取り組む。2002年からアフガニスタンの戦争を報道[2]劣化ウラン弾の使用の実態や被害を取材した[2]

スクープ・独占取材[編集]

受賞歴[編集]

テレビ番組・ビデオ作品[編集]

映画[編集]

在籍歴のある人物[編集]

  • 中藤泰雄 - 同社に1971年に入社し、音楽マネジメント部門を起した。後に、独立し、株式会社ジャパン・アーツ会長。
  • 柳沢武司 - 同社のカメラマンとして活躍。1970年カンボジアポル・ポト派の軍に殺された。
  • 高世仁 - 同社報道部長を務めた後、独立。
  • 橋田信介 - 1970年に同社に入社し、カメラマンとして、1972年、ベトナムのハノイ支局の特派員を皮切りに各支局長を歴任した。1988年独立。2004年イラクで武装集団による銃撃で死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]