日本電産サーボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本電産サーボ株式会社
Nidec Servo Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証2部 6585
2010年9月28日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
376-0011
群馬県桐生市相生町3-93
設立 1949年4月19日
業種 電気機器
法人番号 6070001017329
代表者 代表取締役社長 辰巳剛司
資本金 25億4775万円
売上高 230億0300万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 8億6600万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 10億5100万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 7億3900万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 233億8300万円(2019年03月31日時点)[1]
決算期 3月31日
主要株主 日本電産
関係する人物 永守重信
外部リンク www.nidec-servo.com/jp
テンプレートを表示

日本電産サーボ株式会社(にほんでんさんサーボ)は、群馬県桐生市に本社を置くブラシレスDCモーター、ステッピングモーター等の精密小形モーターの製造を行う日本電産グループの企業である。元日立グループであった。

沿革[編集]

  • 1949年 - 株式会社桐生英工舎を設立。
  • 1951年 - サーボモータ製造販売を開始。
  • 1960年 - 本社を群馬県桐生市から東京都へ移転。
  • 1960年 - 社名を日本サーボ株式会社に変更。
  • 1962年 - 東京証券取引所2部に上場。
  • 1978年 - VTR用ダイレクトキャプスタンモータを開発、発売。
  • 1980年 - FDD用ダイレクトスピンドルモータを開発、発売。
  • 1982年 - 海外子会社としてジャパンサーボモーターズシンガポール社設立。
  • 1985年 - 研究所設立。
  • 1986年 - 日本サーボ穂高株式会社設立。
  • 1990年 - 欧州営業所をオランダに新設。
  • 1994年 - 海外子会社としてジャパンサーボ バタム社を設立。
  • 1994年 - 中国(常州市)にて製造委託契約により生産開始。
  • 1994年 - シンガポール営業所を新設。
  • 1995年 - 海外子会社として中国に常州伺服電機有限公司を設立。
  • 1999年 - 日本サーボ穂高社等製造会社3社を統合し、サーボテクノシステム株式会社(現穂高日本電産サーボ株式会社)を設立。
  • 2001年 - 海外関連会社としてアメリカに日本サーボUSA社を設立。
  • 2002年 - 海外関連会社として香港に日本サーボ香港社を設立。
  • 2002年 - ドイツ事務所を新設。
  • 2003年 - 国内販売会社2社を統合し、株式会社サーボソリューションジャパンを設立。
  • 2004年 - 海外関連会社として、ドイツに日本サーボヨーロッパ社を設立。
  • 2007年3月 - 日本電産TOBを実施、日立製作所が保有株の大部分を応募することで合意した旨の発表がされる。
  • 2007年4月 - 日本電産が子会社化。
  • 2007年6月 - 日本電産の代表取締役社長永守重信が取締役会長に就任。
  • 2007年12月 - ベトナムに子会社を設立。
  • 2008年6月 - 執行役員制度を導入。本社を群馬県桐生市に移転。
  • 2008年10月 - 社名を日本電産サーボ株式会社に変更。
  • 2010年10月 - 日本電産の完全子会社となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]