日本高血圧学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

特定非営利活動法人日本高血圧学会(にほんこうけつあつがっかい、英文名The Japanese Society of Hypertension)は、一般市民を対象として、高血圧並びにこれに関する諸分野の研究調査、知識の普及・啓発、学術集会の開催を行い、国民の健康増進に寄与することを目的として1978年に設立、2007年特定非営利活動法人(NPO法人)に改組した学会。会員数3,336名、賛助会員 28社(2009年4月末現在)[1]

主たる事務所を東京都文京区本郷三丁目28番8号日内会館2階に置いている。

活動[編集]

  • 保健、医療、福祉の増進
  • 学術、文化、芸術又はスポーツの振興
  • 科学技術の振興
  • 上記活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動など[1]

事業[編集]

  • 学会誌その他出版物の刊行
  • 学術集会、研究会などの開催
  • 高血圧及びこれに関連する分野に関する研究・調査
  • 高血圧症の治療及び予防に関する知識の普及・啓発活動
  • 内外の関係学術団体との連絡協力、国際的な研究協力活動の推進
  • 「高血圧専門医」に関する認定基準の策定、公表など[1]
  • 食塩感受性高血圧対策として「減塩委員会」[2]の立ち上げ[3]、「減塩サミット」の主催(2012年は共催)[4][5][6][7]


学会誌[編集]

  • 『Hypertension Research』 (欧文 年12回)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]