日本CCS調査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
日本CCS調査株式会社
Japan CCS Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目12番
設立 2008年5月26日
代表者 石井正一(石油資源開発株式会社常務取締役兼務)
資本金 2億450百万円
2010年12月31日時点)
外部リンク http://japanccs.com/
テンプレートを表示

日本CCS調査(にほんCCSちょうさ)は、二酸化炭素貯留に関する技術を扱う日本の企業。

概要[編集]

2008年5月26日、日本の電力会社、石油元売会社、エンジニアリング会社など数十社が出資する株式会社として発足(2010年末で株主となる企業は36社を数える)。工場から排出される地球温暖化の原因となる二酸化炭素を分離、回収、輸送、貯留に関する技術の研究開発するために設立された。日本国内では、北海道苫小牧市などをフィールドに二酸化炭素の貯留技術の研究が進められている[1]

出典[編集]

  1. ^ CCSとは(日本CCS調査ホームページ)

関連項目[編集]