日本IBM科学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本IBM科学賞(にほんあいびーえむかがくしょう)は、日本アイ・ビー・エム株式会社が社会貢献活動の一環として設けていた1987年に創設され、2011年を最後に活動を終了した。受賞者総数は147名にのぼった。

受賞対象者は、物理化学コンピューターサイエンスエレクトロニクス基礎研究を行っている45歳以下の研究者であった。

受賞者の一覧[編集]

物理 化学 コンピューターサイエンス
(1987年のみ情報科学)
エレクトロニクス
1987年 大島忠平、高橋敏男、福山秀敏 川口正美、相原惇一 浅野孝夫、湯淺太一 広瀬全孝
1988年 北澤宏一、内田慎一、高木英典、土井正男 山本尚 辻井潤一、室田一雄 大津元一
1989年 大貫惇睦能勢修一 立矢正典 今井浩、荻谷昌己 榊裕之
1990年 十倉好紀西森秀稔和達三樹 岩澤康裕、小宮山真 石原宏
1991年 池田研介、北岡良雄 林民生吉川研一 坂井修一 荒川泰彦
1992年 川上則雄梁成吉 加藤重樹、中村栄一 喜連川優、渡辺治 舛本泰章
1993年 家泰弘、山本智 岡畑恵雄原田明 上田和紀 江刺正喜
1994年 木村薫、蔡安邦、野末泰夫 北島信正、鈴木啓介 宮野悟 菊池和朗
1995年 金子邦彦、永長直人 加藤礼三、三上幸一 高木直史 栖原敏明
1996年 伊藤公孝、伊藤早苗、今田正俊 篠原久典関口章 大堀淳 河田聡
1997年 広井善二、藤森淳 橋本和仁 外山芳人、水野眞治 川又政征
1998年 鹿野田一司、樽茶清悟 遠藤斗志也、時任宣博 戸田誠之助 大野英男
1999年 斎藤晋、齋藤理一郎 相田卓三杉山弘 松本眞 山村清隆
2000年 柏谷聡、田仲由喜夫 山内薫 樺島祥介、永持仁 富永淳二、野田進
2001年 五神真、常行真司 小林修藤田誠 徳山豪 金井浩
2002年 前野悦輝 寺嶋正秀、八島栄次 岩田覚、冨田勝 相澤清晴
2003年 船津高志、村上洋一 阿波賀邦夫、加藤隆史 小林直樹 田中雅明
2004年 岩佐義宏 田原太平 五十嵐健夫、牧野和久 高木信一
2005年 小形正男 中谷和彦 長谷川真人 川崎雅司、平川一彦
2006年 香取秀俊 鈴木俊法、野崎京子 五十嵐淳 伊藤公平
2007年 佐々木裕次廣瀬敬 石原一彰 定兼邦彦 湯浅新治
2008年 ハロルド・ファン 菊地和也 河原林健一 小野輝男
2009年 福島孝治 大越慎一 上田泰己 染谷隆夫
2010年 木村剛 上垣外正己 林正人 平山秀樹
2011年 齊藤英治村上修一 大井貴史 住井英二郎 河野行雄