日本OSS貢献者賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本OSS貢献者賞(にほんおーえすえすこうけんしゃしょう)とは、オープンソースソフトウェア(OSS)開発の振興を図ることを目的に、影響力のある開発プロジェクトを創造・運営した開発者や、グローバルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者、OSS普及への貢献者を表彰するものである。2005年に創設され、日本OSS推進フォーラムおよび 独立行政法人情報処理推進機構 などが主催する。2009年度からは、日本OSS奨励賞が設けられ、同時に表彰されている。

受賞対象[編集]

受賞対象は大きく「OSS開発分野」と「OSS普及促進分野」とされている。ただし、受賞者がどちらの分野で評価されたかは明示されていない。

OSS開発分野[編集]

国内・国外を問わず、影響力のあるOSS 開発プロジェクトの創造・運営や、卓越した開発者として活躍するなど、OSSプロジェクトにおいて中心的な役割を果たしている開発者を対象。開発 基盤やOS・ミドルウェア、アプリケーションデスクトップサーバ、組み込み分野など、幅広い分野の中で活躍するOSS開発者が対象

OSS普及促進分野[編集]

OSSの発展・普及に大きく貢献した人、OSSコミュニティやマーケットに大きな影響を与えた人を対象。コミュニティの形成、OSSの認知、ドキュメンテーション、人材育成、標準化などに大きく貢献された人が対象

これまでの実施、受賞者[編集]

第10回[編集]

日本OSS推進フォーラムが主催となり実施され、2015年10月24日オープンソースカンファレンス 2015 Tokyo/Fallの会場内にて授賞式が開催された。[1]審査委員長は 筧捷彦(早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部/研究科 情報理工学専攻 教授)、実行委員長は 濱野賢一朗 (株式会社NTTデータ)。[2]

受賞者 受賞理由
岡島順治郎 レイヤファイルシステムaufsの開発
奥一穂 HTTP2サーバ H2O 等の開発をリード
亀澤寛之 Linuxカーネルにおけるcgroups等の開発
古橋貞之 MessagesPack、Fluentd、Embulk等の開発を主導[3]

第9回[編集]

日本OSS推進フォーラムが主催となり実施され、2014年2月28日オープンソースカンファレンス 2014 Tokyo/Springの会場内にて授賞式が開催された。[4]審査委員長は 筧捷彦(早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部/研究科 情報理工学専攻 教授)、実行委員長は 濱野賢一朗 (株式会社NTTデータ)。[5]

受賞者 受賞理由
海外浩平 OSSのセキュリティ機能強化の推進、PG-Stromの開発など
成瀬ゆい Rubyの多言語化に関する仕様策定と実装
羽鳥健太郎 小江戸らぐを長年にわたり主宰
藤野圭一 Apache Tomcatの安定稼働に向け、多くのパッチの提供・開発等を継続
高橋信頼 自ら多くのコミュニティに参加もしながら、OSS活動の取材を続けることで、普及啓蒙に大きく貢献(特別賞)

第8回[編集]

日本OSS推進フォーラムが主催となり実施され、2013年2月22日オープンソースカンファレンス 2013 Tokyo/Springの会場内にて授賞式が開催された。[6][7]審査委員長は 筧捷彦(早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部/研究科 情報理工学専攻 教授)、実行委員長は 濱野賢一朗 (株式会社NTTデータ)。[8]

受賞者 受賞理由
とみたまさひろ MySQLのコミュニティ成長に貢献
小林哲之 Android開発とLinuxカーネルの両面にわたり貢献
半田哲夫 TOMOYO Linuxの主開発者、セキュリティ強化Linuxの普及と活用に貢献
吉田浩平 LibreOfficeOpenOffice.orgのCalcの主開発者

第7回[編集]

日本OSS推進フォーラムが主催となり実施され、2012年3月16日オープンソースカンファレンス 2012 Tokyo/Springの会場内にて授賞式が開催された。[9]審査委員長は 筧捷彦(早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部/研究科 情報理工学専攻 教授)、実行委員長は 岩岡 泰夫 (日本電気株式会社)。これまでは実施回を「2010年度」のように年度で表記していたが、通算の実施回数に改められた。[10]

受賞者 受賞理由
川口耕介 Jenkinsの開発や普及啓蒙活動[11]
平松雅巳 LKST、SystemTap、Ftrace、Perfの開発などLinuxの品質向上に貢献
法林浩之 OSS関連イベントの開催を継続
森啓介 Heartbeat/Pacemakerの安定したプロダクトリリースに貢献[12]

2010年度[編集]

独立行政法人 情報処理推進機構 が主催となり実施され、2010年10月28日に IPA Forum 2010 の会場内にて授賞式が開催された。審査委員長は 竹内郁雄東京大学 名誉教授)、実行委員長は 濱野賢一朗 (株式会社NTTデータ)。[13][14][15]

受賞者 受賞理由
酒徳峰章 日本語プログラミング言語「なでしこ (プログラミング言語)」の開発
須崎有康 KNOPPIX日本語版の開発と継続したリリース
曽田哲之 NetBSDへの貢献
武藤健志 Debian Project公式開発者

2009年度[編集]

独立行政法人 情報処理推進機構 が主催となり実施され、2009年10月29日に IPA Forum 2009 の会場内にて授賞式が開催された。[16]審査委員長は 相磯秀夫東京工科大学 理事)、実行委員長は 濱野賢一朗 (株式会社NTTデータ)。[17][18][19]

受賞者 受賞理由
小崎資広 日本のLinuxカーネル開発量の拡大へ貢献
瀧田佐登子 FirefoxをはじめとするMozilla製品の普及において、中心的な立場で活動に貢献
フェルナンド・ルイス・バスケス・カオ Linuxカーネル開発について、特に「カーネルクラッシュダンプ」と「ディスク I/O 制御/仮想化」に貢献
本田茂広 PostgreSQLを中心に日本語ドキュメント整備に貢献[20]

2008年度[編集]

独立行政法人 情報処理推進機構 が主催となり実施され、2008年10月29日に IPA Forum 2008 の会場内にて授賞式が開催された。[21]審査委員長は 相磯秀夫東京工科大学 理事)、実行委員長は 濱野賢一朗 (リナックスアカデミー 学校長)。[22][23]

受賞者 受賞理由
石井達夫 PostgreSQLの開発、発展、普及に大きく貢献[24]
奥地秀則 ブートローダGRUBの主要開発者で、GRUB2では中心となって、設計・開発[25]
中野雅之 Firefoxの開発に関わり、日本語入力システムとの連携機能等の実装に貢献[26]
宮原徹 オープンソースカンファレンス を立ち上げ、中心的な立場で活動を推進[27]

2007年度[編集]

独立行政法人 情報処理推進機構 が主催となり実施され、2007年10月30日に IPA Forum 2007 の会場内にて授賞式が開催された。[28]審査委員長は 相磯秀夫東京工科大学 学長)、実行委員長は 濱野賢一朗 (リナックスアカデミー 学校長)。[29][30][31]

受賞者 受賞理由
小山哲志 日本PHPユーザ会における技術者育成をはじめとしたOSS普及促進への貢献
笹田耕一 Rubyを高速化するシステムYARV (Yet Another Ruby VM) の開発をはじめとしたOSSへの貢献
佐藤嘉則 組み込み向けCPUへのLinuxの移植をはじめとしたOSSへの貢献
松本裕治 日本語形態素解析システム「茶筌 (ChaSen)」の開発をはじめとした OSSへの貢献

2006年度[編集]

独立行政法人 情報処理推進機構 が主催となり実施され、2006年10月24日に IPA Forum 2006 の会場内にて授賞式が開催された。[32][33]審査委員長は 相磯秀夫東京工科大学 学長)、実行委員長は 濱野賢一朗 (リナックスアカデミー 学校長)。[34][35]

受賞者 受賞理由
比嘉康雄 Seasarの開発
平林俊一 WideStudio/MWTの開発プロジェクト
山本博之 (プログラマ) Sylpheedの開発
吉藤英明 IPv6プロトコルスタック「USAGI」の開発

2005年度[編集]

日本OSS推進フォーラムが主催となり実施され、2005年8月23日に授賞式が開催された。[36][37]審査委員長は 徳田英幸慶応義塾大学 教授)、実行委員長は 山田伸一 (株式会社NTTデータ 執行役員)。[38][39]

受賞者 受賞理由
鵜飼文敏 Debian Projectの主要メンバー
高橋浩和 Linuxカーネル開発への参画
高林哲 Namazu、quickml、gonzuiの開発/プロジェクト運営
まつもとゆきひろ Rubyの開発/プロジェクト運営

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ https://gihyo.jp/news/report/2015/10/2601
  2. ^ http://ossforum.jp/ossaward10th2
  3. ^ http://frsyuki.hatenablog.com/entry/2015/10/16/124254
  4. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140424/553104/
  5. ^ http://ossforum.jp/ossaward9th2
  6. ^ https://gihyo.jp/news/report/2013/02/2501
  7. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130507/475142/
  8. ^ http://ossforum.jp/ossaward8th2
  9. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120328/388196/
  10. ^ http://ossforum.jp/ossaward7th2
  11. ^ http://d.hatena.ne.jp/kkawa/20120319/p1
  12. ^ http://www.intellilink.co.jp/all/topics/2012/03/13/oss
  13. ^ https://www.ipa.go.jp/software/open/contribute/2010contribution.html
  14. ^ http://ossforum.jp/node/1250
  15. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20101016/352997/
  16. ^ http://www.atmarkit.co.jp/news/200910/30/ipaoss.html
  17. ^ https://www.ipa.go.jp/software/open/contribute/2009contribution.html
  18. ^ http://ossforum.jp/node/1249
  19. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091023/339364/
  20. ^ http://lets.postgresql.jp/documents/interview/honda-shigehiro
  21. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081029/318016/
  22. ^ https://www.ipa.go.jp/software/open/contribute/2008contribution.html
  23. ^ http://ossforum.jp/node/1248
  24. ^ https://gihyo.jp/lifestyle/feature/01/oss-interview/0002
  25. ^ https://gihyo.jp/lifestyle/feature/01/oss-interview/0003
  26. ^ https://gihyo.jp/lifestyle/feature/01/oss-interview/0004
  27. ^ https://gihyo.jp/lifestyle/feature/01/oss-interview/0005
  28. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071031/285967/
  29. ^ https://www.ipa.go.jp/software/open/contribute/2007contribution.html
  30. ^ http://ossforum.jp/node/1246
  31. ^ http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0710/12/news046.html
  32. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20061108/253016/
  33. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20061025/251733/
  34. ^ https://www.ipa.go.jp/software/open/contribute/2006contribution.html
  35. ^ http://ossforum.jp/node/1247
  36. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20050913/221106/
  37. ^ http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/08/23/8876.html
  38. ^ https://www.ipa.go.jp/software/open/contribute/2005contribution.html
  39. ^ http://ossforum.jp/node/1245