日本SF作家ノート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本SF作家ノート』(にほんエスエフさっかノート)は、中島梓による連作評論。『奇想天外』誌1978年4月号から1979年6月号まで連載された。日本SF論の黎明期における優れた批評として、巽孝之などから高く評価されている[1]

一冊の書籍としてはまとめられていないが、一部の作品については同著者の評論集などに収録されている。

作品[編集]

  1. 「フェッセンデンの実験室」(光瀬龍論)[2]
    『奇想天外』1978年4月号
  2. 「神々とのチェスゲーム」(山田正紀論)
    『奇想天外』1978年5月号
  3. 「信じるわ、ジョン・エナリー!」(田中光二論)[2]
    『奇想天外』1978年6月号
  4. 「アトム―永遠の聖少年」(手塚治虫論パート1)
    『奇想天外』1978年7月号
  5. 「わが心のロック・ホーム」(手塚治虫論パート2)
    『奇想天外』1978年8月号
  6. 「ショートショートへの異常な愛情」(星新一論)[2]
    『奇想天外』1978年9月号
  7. 「ヒョウタンツギの思想」(手塚治虫論パート3)
    『奇想天外』1978年10月号
  8. 「筒井康隆論のためのデッサン」(筒井康隆論)[2]
    『奇想天外』1978年11月号
  9. 「ヘルマプロディトスの夢」(手塚治虫論パート4)[3]
    『奇想天外』1978年12月号
  10. 「パラドックス・ロストの神話」(手塚治虫論パート5)[4]
    『奇想天外』1979年1月号
  11. 「狼の肖像」(平井和正論その1 虎は目覚める)[5]
    『奇想天外』1979年1月号
  12. 「狼の肖像」(平井和正論その2 サイボーグは目覚めない)[5]
    『奇想天外』1979年2月号
  13. 「狼の肖像」(平井和正論その3 二人の犬神明)[5]
    『奇想天外』1979年3月号
  14. 「狼の肖像」(平井和正論その4 狼は目覚めたか)[5]
    『奇想天外』1979年4月号
  15. 「ヒロイック・ファンタジー・ノート」[6]
    『奇想天外』1979年5月号
  16. 「狼の肖像」(平井和正論その5 自意識過剰のスーパーマン)[5]
    『奇想天外』1979年6月号

脚注[編集]

  1. ^ S-Fマガジン』2009年9月号。
  2. ^ a b c d 中島梓『作家の肖像』(講談社)に収録。
  3. ^ 竹内オサム村上知彦編『マンガ批評体系 第1巻』(平凡社)に収録。
  4. ^ エクストラ版。
  5. ^ a b c d e 中島梓『狼の肖像』(e文庫)に収録。
  6. ^ 番外編。

関連項目[編集]