日枝丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日枝丸
Hie Maru.jpg
日枝丸。
基本情報
船種 貨客船
クラス 氷川丸級貨客船
船籍 大日本帝国の旗 大日本帝国
所有者 日本郵船
運用者 Flag of Japan.svg 日本郵船
 大日本帝国海軍
建造所 横浜船渠
母港 東京港/東京都
姉妹船 氷川丸
平安丸
航行区域 遠洋
信号符字 JGYC
IMO番号 36219(※船舶番号)
建造期間 433日
就航期間 4856日
経歴
起工 1929年5月25日
進水 1930年2月12日
竣工 1930年7月31日
就航 1930年
除籍 1944年1月5日
最後 1943年11月17日被雷沈没
要目
総トン数 11,621トン
純トン数 6,787トン(1930年)
6,818トン(1931年)
載貨重量 10,397トン
排水量 不明
全長 163.3m
登録長 156.2m(1930年)
155.9m(1931年)
垂線間長 155.91m
型幅 20.12m
型深さ 12.50m
高さ 29.26m(水面からマスト最上端まで)
12.19m(水面から船橋・煙突最上端まで)
11.88m(水面から船橋後方デリックポスト最上端まで)
9.75m(水面から後部船倉用デリック最上端まで)
機関方式 B&W製ディーゼル機関 2基
推進器 2軸
最大出力 13,112BHP
定格出力 11,000BHP
最大速力 18.0ノット
航海速力 15.0ノット
航続距離 15ノットで18,700海里
旅客定員 一等:58名
二等:64名
三等:186名
積載能力 2,600トン
1941年11月26日徴用。
高さは米海軍識別表[1]より(フィート表記)。
テンプレートを表示
日枝丸
基本情報
艦種 特設潜水母艦
特設運送船
艦歴
就役 1942年2月15日(海軍籍に編入時)
連合艦隊第六艦隊第8潜水戦隊/横須賀鎮守府所管
要目
兵装 15cm砲4門
九三式13mm機銃連装2基4門
110cm探照灯1基
90cm探照灯1基
三米半測距儀1基
装甲 なし
徴用に際し変更された要目のみ表記。
テンプレートを表示

日枝丸(ひえまる)は、かつて日本郵船が保有していた貨客船である。氷川丸級の2番船として建造された。船名は日枝神社(東京都千代田区)に依る[2]

戦前はシアトル航路に就航し、戦争中は海軍特設潜水母艦となったが、米潜水艦の雷撃により沈没した。

船歴[編集]

シアトル航路[編集]

日本郵船は北米シアトル航路を強化するため、1万1000トン級貨客船3隻の建造を決定し、浅間丸型「秩父丸」を建造中の横浜船渠は2隻の建造を受注した[3]。これが「氷川丸」と「日枝丸」(本船)である[3]。船橋には東京千代田区日枝神社を祀る[2]。「氷川丸」、「日枝丸」、「秩父丸」は並んで同時に建造された[4]。また氷川丸級3隻(氷川丸日枝丸平安丸)は頭文字『H』を持つ神社名(氷川神社、日枝神社、平安神宮)に由来している[2]1930年昭和5年)7月、横浜船渠で竣工。シアトル航路に就航した。同航路はグレート・ノーザン鉄道と日本郵船の提携により1896年明治29年)開設された航路で、当時人口6000人だったシアトルは「ノーザングレート鉄道を父、NYK(日本郵船)を母」として目覚ましい発展を遂げ60万都市になった。[5]

就航後、往行では生糸、日本茶、綿製品、玩具などを運び,復航は屑鉄、銅、亜鉛,ニッケル、牛皮、航空機用特殊木材などを運搬した[6]

爆破未遂事件[編集]

1938年(昭和13年)、支那事変の影響でアメリカやカナダの対日感情は悪化していた。同年1月20日[注 1]シアトル港内に停泊していた日枝丸に爆破未遂事件が発生した。

港内の桟橋で他人の服を抱えた挙動不審な男を警察が職務質問したところ、日枝丸に爆弾を仕掛けるために海に入った主犯の男を待っている旨の供述をした。付近の海面を捜索した結果、主犯の男の水死体とダイナマイト300本と時限装置を設置した筏が見つかった。時限装置はなぜか予定時刻の30分前で止まっていた。低温の海で凍死していた主犯格の男は、カナダ ビクトリア在住の29歳大学講師であることが判明した。共犯の男は詳しい事情を知らず、共産主義者や中国機関による関与も疑われたが、結局背後関係は不明で[7]その後も不安を抱えながらシアトル航路は維持された[5]

戦争[編集]

1941年(昭和16年)7月、米・英・加 各国が対日資産凍結に踏み切ったためシアトル航路は閉鎖された。本船は9月から11月まで英印・東アフリカの在留邦人引き揚げのための特別航海についた[8]。11月海軍に徴用され、開戦直前の12月7日、マーシャル諸島クェゼリン島に軍需物資を輸送した[5]

1942年(昭和17年)2月15日特設潜水母艦に定められ横須賀鎮守府所管となる[9]。4月に特設潜水母艦への改装が終了し、第6艦隊第8潜水戦隊の母艦となった[5]1943年(昭和18年)7月にはインド洋上で、ドイツに向かう伊8潜水艦に補給を行なった。

最期[編集]

1943年(昭和18年)10月1日特設潜水母艦の定めを解かれ[10]、特設運送船(雑用船)となる。横須賀鎮守府所管[11]

11月、日枝丸はマニラからラバウルに陸軍部隊を輸送した後、トラック島に向かっていた[5]。11月17日昼前、アメリカ海軍潜水艦ドラムに発見され、ラバウル北西300海里北緯01度48分 東経148度24分 / 北緯1.800度 東経148.400度 / 1.800; 148.400で14時40分に4本の魚雷を発射、内1本が命中した[12]。日枝丸は約4時間後に沈没したが、乗員・便乗者は全員救助されてトラック島に上陸した[5]。助かった乗員は大鷹型航空母艦3番艦「冲鷹」(旧、新田丸)に便乗して内地に向かったが、12月4日「冲鷹」も米潜水艦の雷撃により沈没した。日枝丸の乗組員21名中20名が戦死した[5]

1944年(昭和19年)1月5日、除籍・解傭[13]

艦長等[編集]

艦長
  • 篠田清彦 大佐:1942年2月15日[14] - 1942年12月28日
  • 有馬直 大佐:1942年12月28日[15] - 1943年8月16日
  • 原田文一 大佐:1943年8月16日[16] - 1943年10月1日
指揮官
  • 原田文一 大佐:1943年10月1日 - 1943年10月5日
  • 富田賢四郎 大佐:1943年10月5日[17] - 1944年2月29日[18]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 昭和12年11月との資料もあるが[5]、ここでは外務省の資料[7]に従う

出典[編集]

  1. ^ Hikawa_Maru_class
  2. ^ a b c #三菱、20話16頁『船名の由来は埼玉県氷川神社』
  3. ^ a b #三菱、20話14頁『「秩父丸」に続き、2隻の客船を受注』
  4. ^ #三菱、20話16頁『図3、5つの船台で建造が進む昭和4年6月19日の風景(写真)』
  5. ^ a b c d e f g h 竹野2008, p.175ff
  6. ^ 日枝丸 - エリック、2013年2月19日閲覧。
  7. ^ a b 昭和13年/1.日枝丸爆破事件』 アジア歴史資料センター Ref.B10074487800 
  8. ^ 日英両国民の引揚に関する了解並に在留邦人引揚の為船舶派遣の件』 アジア歴史資料センター Ref.C04014856900 
  9. ^ 昭和17年2月15日付 内令第285号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070160900 
  10. ^ 昭和18年10月1日付 内令第2038号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070181100 
  11. ^ 昭和18年10月1日付 内令第2041号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070181100 
  12. ^ (issuu) SS-228, USS DRUM, Part 1. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-228_drum_part1?mode=a_p. 166/200
  13. ^ 昭和19年1月5日付 内令第54号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070198400 
  14. ^ 海軍辞令公報(部内限)第812号 昭和17年2月16日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084200 
  15. ^ 海軍辞令公報(部内限)第1022号 昭和17年12月31日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088700 
  16. ^ 海軍辞令公報(部内限)第1194号 昭和18年8月18日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092500 
  17. ^ 海軍辞令公報(部内限)第1234号 昭和18年10月7日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093700 
  18. ^ 海軍辞令公報(部内限)第1351号 昭和19年3月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096300 

参考文献[編集]

  • 竹野弘之『豪華客船の悲劇』海文堂出版、2008年 ISBN 978-4-303-63446-9
  • 日本郵船戦時船史編纂委員会 『日本郵船戦時船史』上、日本郵船、1971年
  • 三菱重工業株式会社横浜製作所 「第3話 貨客船「氷川丸」」『20話でつづる名船の生涯』 三菱重工業株式会社横浜製作所総務勤労課、2013年8月。

関連項目[編集]

  • 日枝丸 - 戦時下に喪われた日本の商船