日比野光鳳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

日比野 光鳳(ひびの こうほう、1928年11月22日 - )は日本書家日本芸術院会員。本名・尚。昭和の書家の日比野五鳳を父に持ち、息子の日比野実も書家である。

経歴[編集]

書家・日比野五鳳の子として京都に生まれる。幼い頃よりに親しむ。同志社大学経済学部卒業、1953年宝酒造に勤務、1965年まで勤める。同志社大学文学部講師、京都新聞書き初め書道展審査委員長、京都市展審査員などを歴任。1987年日本美術展覧会(日展)会員賞。1992年京都府文化賞功労賞。1999年日本芸術院賞受賞、読売書法会常任総務。2002年花園大学文学部客員教授。2004年旭日小綬章受章。日展理事をへて2006年常務理事。京都書作家協会会長、のち顧問、水穂会会長、全日本書道連盟顧問。2008年父に続き親子2代で芸術院会員に選ばれる。2011年文化功労者

著書[編集]