日沢伸哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日沢 伸哉(ひざわ のぶや、1954年12月26日 - 2009年10月8日)は、岩手県出身の日本放送作家作家

来歴・人物[編集]

岩手県立盛岡第一高等学校卒業後、関西に来て劇場通いを始める、そこで知り合った桂文福と出会い楽屋に出入りするようになる。創作落語にたずさわり、文福の紹介で月亭八方の紹介を受け放送作家となり、人気番組『クイズ!紳助くん』『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ制作)の構成を手がけるほか、『上方落語をきく会』(朝日放送ラジオ制作)、『日曜落語 〜なみはや亭〜』(朝日放送ラジオ制作)などの演芸番組の構成を手がける。2006年には「CDブック 栄光の上方落語」(角川書店)を上梓。尚2007年10月31日には「なつかしの昭和爆笑漫才 〜天国の笑星〜」を上梓、2008年には「CDブック 栄光の上方漫才」発売、10月29日には「五代目 桂文枝」を上梓。うめだ花月(現在は∞ホール)の「花花寄席」の構成担当。2009年5月「楽悟家 笑福亭松之助」を上梓。同年10月8日、クモ膜下出血のため死去。54歳没[1]

2009年11月23日には朝日放送テレビの夕方の番組「NEWSゆう+」で特集が組まれる。

番組構成[編集]

他多数

エッセイ[編集]

  • らくごくら(スカイA・sports+) - 現在は演芸ライターの日高美恵が記述。

出典[編集]

  1. ^ “放送作家、日沢伸哉さん死去”. 朝日新聞. (2009年10月8日). http://www.asahi.com/obituaries/update/1008/OSK200910080118.html 2009年10月9日閲覧。 

関連項目[編集]