日清医療食品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワタキューセイモア > 日清医療食品
日清医療食品株式会社
Nissin Healthcare Food Service Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 4315
2010年12月27日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
100-6420
東京都千代田区丸の内2丁目7番3号 東京ビルディング20階
設立 1972年9月25日
業種 サービス業
法人番号 9010001063474
事業内容 給食の受託業務、医療用食品の販売等
代表者 菅井正一(代表取締役社長)
資本金 1億円(2012年3月31日現在)
売上高 単体1789億円(2012年3月期)
純資産 単体326億円(2012年3月31日現在)
総資産 単体865億円(2012年3月31日現在)
従業員数 40,966人(2014年3月現在)
決算期 3月31日
主要株主 ワタキューセイモア 100%
関係する人物 村田士郎(元会長)、安道光二(会長)
外部リンク www.nifs.co.jp
テンプレートを表示

日清医療食品株式会社(にっしんいりょうしょくひん)は、東京都千代田区に本社を置く、病院、医療施設および福祉施設などに対し、食事サービスを行う企業である。ワタキューグループの会社で、ワタキューセイモア株式会社(京都府綴喜郡井手町)の子会社

概要[編集]

病院・福祉・保育施設への食事サービス業界において、マーケットシェア31.4%(2011年度 日経シェア調査2013年版)。2位エームサービス(11.2%)、3位富士産業(8.8%)と引き離し首位を独走。これは、日本の飲食業界全体の売上高としても第5位(2011年度 日経MJ 2012年5月30日)に入る。

社名の由来は、初代社長・村田清次の「清」と、日本一の企業を目指すという気持ちを込めた「日」の字を合わせて「日清医療食品」としている。

なお、日清食品(インスタントラーメン)や日清製粉日清紡績日清オイリオグループなど国内には「日清」を冠した著名な企業がいくつか存在するが、それらとの資本関係はない。

沿革[編集]

  • 1972年(昭和47年)9月25日 - 綿久寝具(現ワタキューセイモア)の100%子会社として設立。
  • 2001年(平成13年)10月 - 株式を店頭公開(現在のJASDAQ)。
  • 2004年(平成16年)11月 - 前年に経営破綻した一冨士フードサービスを100%子会社とする。
  • 2008年(平成20年)9月11日 - 米穀販売会社「三笠フーズ」が工業用の「事故米」を食用として不正に転売していた問題が発覚し、同社がその転売先であったことを発表(下記参照)。
  • 2009年(平成21年)4月 - 東北ライスセンターを開設。
  • 2009年(平成21年)7月 - 株式会社日本医療総合研究所を吸収合併。
  • 2010年(平成22年)1月 - アグリK・C熊本株式会社(現:株式会社アグリック)の株式62.6%を取得し、子会社化する。
  • 2010年(平成22年)4月 - ヘルスケアフードサービスセンター九州を開設。
  • 2010年(平成22年)6月 - 株式会社日京クリエイトの株式90%を取得し、子会社化する。
  • 2010年(平成22年)7月 - つくば医療食研究機構株式会社を子会社として設立。
  • 2010年(平成22年)8月12日 - ワタキューセイモア完全子会社のティ・エフ・ダブリュが株式公開買付けを発表。
  • 2010年(平成22年)12月30日 - ティ・エフ・ダブリュの完全子会社となる。資本金を1億円、資本準備金を20百万円、利益準備金を5百万円とする。
  • 2011年(平成23年)3月31日 - ティ・エフ・ダブリュを吸収合併しワタキューセイモアの100%子会社となる[1][2]
  • 2012年(平成24年)4月1日 - 在宅配食サービス事業「食宅便」開始。
  • 2012年(平成24年)11月30日 - 株式会社アイコーメディカルを完全子会社化[3]
  • 2014年(平成26年)7月1日 - NIマネジメント株式会社を子会社として設立する[4]
  • 2014年(平成26年)7月28日 - 日清医療食品と日立製作所が協業し、食事宅配サービスとクラウド型健康支援サービスをセットにした「食宅便 with はらすまダイエット」を販売開始[5]
  • 2014年(平成26年)9月30日 - パプリカ生産会社である 農業生産法人の リッチフィールド栗原有限会社の株式取得[6]
  • 2015年(平成27年)8月22日 - 「ヘルスケアフードサービスセンター京都」を開設[7]
  • 2015年(平成27年)12月17日 - 銀座アンテナショップ「nu dish Mousse Deli & Café」をオープン[8]
  • 2016年(平成28年)6月23日 -安道光二が代表取締役会長に、菅井正一が代表取締役社長に就任[9]
  • 2016年(平成28年)11月2日 - 新介護食「モバイルプラスやわら御膳」誕生[10]
  • 2017年(平成29年)8月26日 - 新工場「ヘルスケアフードファクトリー亀岡」竣工[11]
  • 2017年(平成29年)9月1日 - 株式会社のぼるを子会社化[12]
  • 2018年(平成30年)10月1日 -山田英男が取締役副社長に就任[13]

事業所[編集]

本社・支店[編集]

工場・その他[編集]

  • 衛生管理室
  • ヘルスケアフードファクトリー亀岡
  • ヘルスケアフードサービスセンター岩槻
  • ヘルスケアフードサービスセンター名古屋
  • ヘルスケアフードサービスセンター京都
  • ヘルスケアフードサービスセンター九州

BCP対応[編集]

災害訓練[編集]

東日本大震災以降、事業継続計画 (BCP)対応としてヘリコプターをつかった災害訓練を行っている。

2012年12月6日には静岡県伊東市で実施。[14]

2013年9月13日には和歌山県田辺市で実施。[15]

2015年11月16日には宮城県富谷町(現・富谷市)と連携して実施。[16]

2017年8月26日には平成29年度亀岡市総合防災訓練に参加。[17]

2018年9月28日には災害拠点病院である魚沼基幹病院と連携した訓練を実施。[18]

ヘリコプターを使用した災害訓練を定期的に実施しているのは、電力会社携帯電話会社といった災害対応機関に指定された業者以外では珍しい。

災害時対応[編集]

2014年2月14日に発生した豪雪により配送が困難な地域に対して、2014年2月17日から18日にかけ、山梨県甲斐市及び都留市に向け、ヘリコプターにて物資搬送を3回実施している。配送した物量は食材等88アイテム、約840kg[19][20]

2016年4月14日から発生した熊本地震では、4月15日から16日にかけ、熊本県阿蘇郡南阿蘇村及び熊本県合志市に向け、ヘリコプターにて物資搬送を3回実施している[21]

2018年7月5日から西日本を中心に発生している集中豪雨(平成30年7月豪雨)では、広島県三原市に向け、ヘリコプターにて備蓄品用缶詰、白粥他 合計286.9Kg:210食分を物資搬送している。[22]

汚染食品問題[編集]

事故米使用問題[編集]

2008年(平成20年)9月11日、米穀販売会社の三笠フーズが食用として不正に転売していた、工業用の「事故米」(事故米穀)が混入していた米を購入・使用していたことを発表した。

日清医療食品から病院や高齢者施設に供給されていた中国産うるち米を保健所が検査したところ、基準値を超える残留農薬メタミドホスが検出された。日清医療食品の購入した「事故米」の多くは、既に赤飯やおこわ、もち等に調理されて供給され、消費されていた。

問題発覚当初、日清医療食品は「事故米」の購入量を704kgと発表していたが、その後購入量は734kgだったと訂正を行っている[23]

事故米使用問題後の対応[編集]

2009年(平成21年)4月に東北ライスセンターを設置。2010年(平成22年)1月にアグリK・C熊本(現:株式会社アグリック)を子会社化[24]2012年(平成24年)4月にアグリK・C熊本(現:株式会社アグリック)が関西センターを開設[25]。使用する米に関しては入荷時検査から精米、配送までを一括で管理。

メラミン混入問題[編集]

2008年(平成20年)9月21日、メラミン混入の疑いのある牛乳を原材料に使用していた事が発覚した中国産の「クリームパンダマン」を、丸大食品株式会社から購入して、病院・福祉施設等に給食のデザートとして提供していたことを発表した[26]

汚染食品問題後の対応[編集]

2008年(平成20年)中に安全管理の専門部署として「食品管理課」を設置。 仕入れ段階から工場での製造プロセス、厨房での作業までの安全・安心を確認、徹底する全社的な体制を構築。 食品の安全を確保するため、商品の調達・購買を担当するバイヤーが食品管理課と連携してチェックする体制。 食品管理課が製造メーカーに対し、食品安全の国際的な管理手法である「HACCP」の考え方を取り入れて作成した約150項目におよぶ「基準チェック表」に沿って監査を実施[27]。 また残留農薬東日本大震災以降2011年(平成23年)3月19日から一部の地域を原産地とする商品においては放射能検査を外部の専門機関に委託して実施[28]

関連会社[編集]

テレビ提供番組[編集]

上記の番組は2012年10月から放映。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日清医療食品_沿革”. 日清医療食品. 2011年8月20日閲覧。
  2. ^ ワタキューセイモア株式会社の完全子会社化及び資本金等の額の変更のお知らせ”. 日清医療食品 (2011年3月31日). 2011年8月20日閲覧。
  3. ^ 日清医療食品HP_株式会社アイコーメディカルとの株式交換完了に関するお知らせ”. 日清医療食品. 2014年10月3日閲覧。
  4. ^ 子会社設立に関するお知らせ
  5. ^ 日清医療食品と日立が協業し、食事宅配サービスとクラウド型健康支援サービスをセットにした「食宅便 with はらすまダイエット」を販売開始
  6. ^ リッチフィールド栗原有限会社の株式取得に関するお知らせ
  7. ^ 「ヘルスケアフードサービスセンター京都」の竣工式を開催
  8. ^ “おいしさにヘルシーとハッピーを+する”人気フレンチシェフがメニューを監修する、日本初のムースデリ&カフェ『nu dish Mousse Deli & Café』2015年12月17日(木)銀座にオープン
  9. ^ 代表者の異動に関するお知らせ
  10. ^ 新介護食「モバイルプラスやわら御膳」誕生
  11. ^ 新工場『ヘルスケアフードファクトリー亀岡』竣工について
  12. ^ 株式会社のぼる 株式取得(子会社化)に関するお知らせ
  13. ^ “役付取締役の選定に関するお知らせ” (日本語). 日清医療食品株式会社. (2018年9月26日). https://www.nifs.co.jp/archives/20180926a/ 2018年11月9日閲覧。 
  14. ^ 伊東市の介護施設へ、ヘリコプターで食材支援物資を緊急輸送 災害発生時に孤立した被災地へ物資輸送する訓練を実施
  15. ^ 和歌山県田辺市の医療施設へ、ヘリコプターで食材支援物資を緊急輸送 災害時に孤立した被災地へ物資輸送する訓練を実施
  16. ^ 行政と民間企業の協力によるヘリコプターを使用した災害訓練実施についてのお知らせ
  17. ^ 平成29年度 亀岡市総合防災訓練に参加
  18. ^ 医療再編で誕生した災害拠点病院 と 民間企業によるヘリコプターを使用した 新潟地震想定 災害訓練実施
  19. ^ ヘリコプターにて雪害に対する緊急配送継続実施のお知らせ(ワタキューグループ公式サイト)
  20. ^ ヘリコプターにて雪害に対する都留市への緊急配送のお知らせ(ワタキューグループ公式サイト)
  21. ^ ヘリコプターにて熊本地区へ緊急物資搬送第三便 実施のお知らせ
  22. ^ “平成30年7月西日本豪雨における影響について” (日本語). 日清医療食品株式会社. (2018年7月9日). https://www.nifs.co.jp/archives/2018709a/ 2018年7月18日閲覧。 
  23. ^ 【2008.9.17】非食用米の不正転売による汚染米混入の件についてのお詫びとご報告
  24. ^ アグリK・C熊本株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ)
  25. ^ 子会社による関西ライスセンター開設に関するお知らせ
  26. ^ 【2008.9.29】業務用「クリームパンダ」 に関するお詫びとご報告
  27. ^ CSR報告書 視点1「安全・安心な食」をお届けするために
  28. ^ 品質管理強化について

関連項目[編集]