ラッド礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南沙諸島の実効支配状況

ラッド礁(ラッドしょう、英語: Ladd Reef[1]ベトナム語: Đá Lát / 𥒥Lát中国語: 日積礁)は、南沙諸島にある環礁である。

地理[編集]

ロンドン群礁(英語: London Reefs中国語: 尹庆群礁)西部の環礁の一つである。スプラトリー島(南威島)から西に12海里離れている。高潮時には完全に水没する[2]

領有[編集]

1988年から[3]ベトナムがこの礁を実効支配しているが、中華人民共和国中華民国台湾)も主権を主張している[4][5]

ベトナムは、灯台と兵士が滞在できる小規模な施設を建設しており、2016年には外海と礁湖の間に水路を掘るための浚渫作業を開始している[2][6][7]

中国名[編集]

中国では、日積礁と呼ぶほか、風水羅盤でスプラトリー島(南威島)から“乙辛”の方向に位置することから西頭乙辛という別称もある[8]

脚注[編集]

関連項目[編集]


座標: 北緯8度39分0秒 東経111度39分0秒 / 北緯8.65000度 東経111.65000度 / 8.65000; 111.65000