日立オムロンターミナルソリューションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
Hitachi-Omron Terminal Solutions, Corp.
種類 株式会社
略称 日立オムロン、日立オムロンTS、HOTS、Leadus
本社所在地 日本の旗 日本
141-8576
東京都品川区大崎一丁目6番3号
大崎ニューシティ3号館 7階
旭本社
〒488-8501
愛知県尾張旭市晴丘町池上1番地
設立 2004年10月1日
業種 電気機器
法人番号 2010701015797
事業内容 ATMの開発、製造、販売など
代表者 代表取締役社長 下條哲司
資本金 85億円
従業員数 1,014名
(2018年3月31日現在)
主要株主 (株)日立製作所 55%
オムロン(株) 45%
主要子会社 #関連会社参照
外部リンク http://www.hitachi-omron-ts.co.jp/
特記事項:2010年3月より、尾張旭市との2本社制を敷いている。
テンプレートを表示

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社(ひたちオムロンターミナルソリューションズ、英文名称:Hitachi-Omron Terminal Solutions, Corp. )は、東京都品川区愛知県尾張旭市に本社を置くATMなどの企画・製造を行なう企業

概要[編集]

2004年10月1日日立製作所オムロン金融機関向け自動機部門を合弁して設立された[1]

日立製作所の連結子会社であるほか、オムロンの持分法適用会社である。ATMの国内シェアトップ。社内のルールなどは、すべて日立方式を採用し、コーポレートステートメントも合弁会社でありながら「Inspire the Next」を使用している。また、富士通生体認証に対して、指静脈による生体認証を提唱している。

沿革[編集]

  • 2004年平成16年)10月1日 - 日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社設立。
  • 2010年(平成22年)3月 - 2本社制に移行。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 日立グループ4社のATM生産関連事業を子会社の株式会社日立旭ソリューションに集約し、日立ターミナルメカトロニクス株式会社が新発足。
  • 2012年(平成24年) - 次世代ATMの「AKe-S」を販売開始[2]

関連会社[編集]

  • 日立ターミナルメカトロニクス株式会社
  • Hitachi Terminals Mechatronics Philippines Corporation
  • Hitachi Financial Equipment System (Shen Zhen) Co., Ltd.

ブランディング[編集]

Leadusリーダスとよむ)というブランド名を持つ。これは、leadとus(usはユビキタスソリューション・明日・「我々を」のusの意味を持つ)の造語である。当初は日立とオムロンの統合ブランドとして使用されていたが、再び日立ブランドを採用された事により、現在は縮小傾向にある。一方でオムロンブランドのATMは統合以降は姿を見せていない。

ATM商品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “「日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社」設立 世界No.1の“Terminal Solution Vender”を目指して”. 日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社. (2004年10月1日). http://www.hitachi-omron-ts.co.jp/news/2004/200410-01.html 2014年12月19日閲覧。 
  2. ^ “次世代ATM「AKe-S」を販売開始”. 日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社. (2012年6月5日). http://www.hitachi-omron-ts.co.jp/news/2012/201206-001.html 2014年12月19日閲覧。 
  3. ^ “現金自動取引装置(AK-1)”. 日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社. http://www.hitachi-omron-ts.co.jp/products/atm/001/index.html 2014年12月19日閲覧。