日立ハローサタデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日立ハローサタデー
HITACHI Hello Saturday
ジャンル 音楽番組/バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1977年10月1日~1991年10月5日
放送時間 土曜日17:00~18:00
放送局 文化放送
パーソナリティ 下記参照
提供 日立製作所
テンプレートを表示

日立ハローサタデー(ひたちはろーさたでー)は1970年代1990年代文化放送で毎週土曜17:00〜18:00に放送したラジオ番組

概要[編集]

1977年10月1日から1991年10月5日まで、14年間放送。日立製作所一社提供番組で、当初は『Lo-D YOUNG SOUND』がサブタイトルに付いていた。番組後期は『日立ハローサタデー・マジカルチャンネル』がサブタイトルとなった。

当初から、東京銀座の日立ローディープラザからの公開生放送で、歌手アイドルなどのゲストによるミニコンサートとトークを生中継していた。1981年当時は、小林まさひろの中継コーナー『小林くんの外回りコーナー』が存在し、1986年当時(『チャゲ&優子のミュージックプラザ』時代)は、番組前半はトークとはがき紹介・ヒット曲紹介の録音パート、後半はローディープラザから大久保良太の司会による生放送の“半録半生”の構成だった[1]。また、『小堺一機のヤングプラザ』時代には『今週の名セリフ』[2]、『カズキダス』(小堺が独断と偏見で解説するコーナー)、『オープン留守番電話』(リスナーの留守電メッセージを紹介)などのコーナーがあった[3]。中継コーナーでは当時小堺と同じ事務所に所属していた堀敏彦(現:テレビ新潟アナウンサー)が担当したが、仕事の都合で代役を務めた回もあった。

また、当番組の主な企画には『作詞大賞』[3]、『マジカル劇団オーディション』(第一期生オーディション開催は1989年6月[4]などがあった。

『ミュージックプラザ』時代のオープニングテーマ曲は、RAH bandの曲『Roll me dewn to Rio』、エンディング曲はThe funky fish filletの曲『メゾ・フォルテ』[5]

パーソナリティー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊ラジオパラダイス 1986年11月号「石川優子インタビュー」より。
  2. ^ 当時の各新聞縮刷版ラジオ欄より。
  3. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1988年10月号「ラジパラタイムス」(68ページ)より。
  4. ^ 月刊ラジオパラダイス 1989年7月号「ラジパラタイムス」より。
  5. ^ 月刊ラジオパラダイス 1987年2月号 p.102「テーマ曲Q&A」
文化放送 土曜17:00〜18:00枠
前番組 番組名 次番組
ビッグ・オン・ステージ
日立ハローサタデー