日立レール (イタリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日立レールHitachi Rail S.p.A.)は、大量輸送用の車両を制作するイタリアの企業。2015年平成27年)2月に日立製作所フィンメッカニカから買収したアンサルドブレーダ AnsaldoBreda S.p.A. )が前身[1]。イギリスに拠点を置く日立レール・リミテッド(Hitachi Rail Ltd.)の子会社で[注 1]日立レールイタリア(Hitachi Rail Italy S.p.A.)への改名を経て、2019年4月1日付で現在の社名に変更した[5]

概要[編集]

日立製作所傘下で、鉄道車両の機械部品車体台車)や電車電装品(整流器インバータモーター、操作機器)と電気設備の製作と企画を行っている。設計思想はアンサルドブレーダ時代のものを継承している。

車両の操作と車載電子機器に特化したアンサルド・トラスポルティと、鉄道機材の分野で世界的なブレーダ・コストゥルツィオーニ・フェッロヴィアリエとの合併[6]により成立した。

ナポリをはじめ、ピストイアレッジョ・ディ・カラブリアパレルモに事業所がある。

製品[編集]

LRV2
サンフランシスコ市営鉄道への納入車両
モロッコ鉄道ONCFへの納入車両TAF Z2M
トレニタリア向け『ロック』
台北捷運環状線電車

イタリア内外に対し、E402やETR500、TAF、シリオ英語版[7]など、多くの鉄道車両を製作した。

イタリア以外では、北米鉄道事業者からの受注にも力を入れている。ブレダ社時代の1990年代中期頃、マサチューセッツ湾交通局ボストン)及びサンフランシスコ市営鉄道サンフランシスコ)からボーイング・バートル社製LRV車両(USSLRV)の老朽代替車両を受注した。これら2都市に対してはその後2000年代まで継続して多数のLRV車両を納入している。

またロサンゼルス郡都市圏交通局(MTA)向け地下鉄電車(レッドラインとブルーライン)およびLRTゴールドラインの製造にも携わっている。なお、この地下鉄電車も1993年当時からの旧ブレダ社時代に建造されており、車両ドアステップにはアンサルド社との合併以前旧称ロゴマークの「BREDA」が刻印されている。

都市高速鉄道(地下鉄、メトロ)向けにはアンサルドブレーダ時代から無人自動運転対応のドライバーレス・メトロを擁し、日立買収後も受け継がれている。

主な受注案件[編集]

アンサルドブレーダ時代[編集]

日立レールイタリア時代[編集]

日立レールS.p.A時代[編集]

  • 2019年
    • トレニタリア向けETR400の増備分、14編成112両を引き続きボンバルディアと共同受注。この他、これら車両の10年間の保守サービスも契約[11]

関連項目[編集]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ イギリス法人の当初の社名は日立レール・ヨーロッパ(Hitachi Rail Europe Ltd.)で[2][3]、イタリア法人と同日付で改名している[4]

出典[編集]

  1. ^ 「日立」に完敗した中国「鉄道ビジネス」 海外各地でつまずき…メキシコでは「契約破棄」、タイでは「金利高い」 - (2015.5.13 06:00版/2016年2月18日閲覧)
  2. ^ 英国 East Midlands Railway 向け鉄道車両リース事業への参画”. ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ株式会社 (2019年8月19日). 2020年1月25日閲覧。
  3. ^ 日立の新型列車、「デザインの本場」で通用する? 日本とイタリアの技術者が協力して誕生”. 東洋経済オンライン (2019年7月2日). 2020年1月25日閲覧。
  4. ^ 日立 会社概要 2019-2020”. 日立製作所. p. 4. 2020年1月26日閲覧。
  5. ^ 第150回定時株主総会インターネット開示事項”. 日立製作所. p. 12 (2019年5月31日). 2020年1月25日閲覧。
  6. ^ 合併以前の代表作として、日本の名鉄パノラマカー小田急ロマンスカーNSE車などに影響を与えた展望電車セッテベッロ」がある。
  7. ^ 橋爪 智之 (2015年11月7日). “日立が失敗続きの伊鉄道会社を買収したワケ” (英語). 東洋経済. 2019年10月20日閲覧。
  8. ^ (英語)Taipei Circular Line driverless train unveiled”. レールウェイ・ガゼット・インターナショナル (2016年8月31日). 2020年1月25日閲覧。
  9. ^ 日立、台湾で鉄道プロジェクト受注 総事業費1100億円”. 日本経済新聞 (2016年6月21日). 2020年1月25日閲覧。
  10. ^ 日立、イタリアで鉄道車両380億円受注 最大で総額3000億円に”. 日本経済新聞 (2016年6月29日). 2020年1月25日閲覧。
  11. ^ 日立製作所、伊高速鉄道車両受注 総額700億円”. 日本経済新聞 (2019年6月5日). 2019年8月10日閲覧。
現行サイト
旧サイト