日立市立記念図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Library) w.svg 日立市立記念図書館
Hitachiciviccenter.jpg
日立市立記念図書館のある日立シビックセンター
施設情報
専門分野 総合
事業主体 茨城県日立市
延床面積 図書館部分3,384.31 m2
開館 1962年11月6日開館(日立市神峰町) 1990年11月10日日立シビックセンター内に移転開館
所在地 317-0073
茨城県日立市幸町1-21-1
位置 北緯36度35分24.9秒 東経140度39分34.2秒 / 北緯36.590250度 東経140.659500度 / 36.590250; 140.659500
統計情報
蔵書数 図書429,116冊 視聴覚資料5,521点 (平成25年3月31日現在時点)
公式サイト http://www.city.hitachi.lg.jp/lib/
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

日立市立記念図書館(ひたちしりつきねんとしょかん)は茨城県日立市にある図書館である。

図書館の歴史[編集]

  • 1959年(昭和34年)9月1日 日立市市制施行20周年記念事業として、記念図書館建設が決定        
  • 1962年(昭和37年)11月6日 記念図書館開館(日立市神峰町:現在の日立市教育プラザの場所)(延べ床面積1,889.99㎡ 総工費59,000千円)(蔵書数1万冊:職員数14人でスタート)
  • 1965年(昭和40年)5月 周辺地区サービス拡大のため、公民館(現:交流センター)・支所等7館に施設文庫を設置
  • 1966年(昭和41年)11月15日 移動図書館「たかすず号」運行開始(市内33ステーション)
  • 1971年(昭和46年)6月 貸出冊数を2冊から制限冊数なしとし、貸出期間10日間を2周間に改正試行
  • 1989年(平成 元年)4月1日 利用者登録の年齢制限撤廃。0歳より登録可能とする
  • 1990年(平成 2年)
    • 1月 コンピュータシステムによる貸出・返却・検索等開始
    • 11月10日 記念図書館が日立市シビックセンター内に移転開館
  • 1992年(平成 4年)11月6日 記念図書館創立30周年を迎える 図書館まつり、「図書館とわたし」(図書館30周年記念文集)の発行等を行う
  • 2001年(平成13年)10月 視覚障がい者への視聴覚資料郵送貸出開始
  • 2002年(平成14年)7月1日 ブックスタート事業開始(あかちゃんと保護者を対象にあかちゃんえほんの読み聞かせの実演や育児アドバイス集の配布・行政サービスの案内などを行う)
  • 2004年(平成16年)11月1日 日立市と十王町が合併し、記念・多賀・十王の各図書館3館体制となる
  • 2006年(平成18年)4月 公民館、コミニティセンター、ふれあいプラザ、交流センターを小学校の学区ごとに統合改編。これに準じて公民館・施設文庫も名称変更
  • 2007年(平成19年)4月1日 茨城大学学術情報局図書館と相互貸借開始(茨城大学本館・工学部・農学部)
  • 2009年(平成21年)
    • 6月 ブックスタート配布数1万人に達する
    • 10月 記念図書館参考室内に「日立市制施行70周年記念、郷土人コーナー」を設置
  • 2010年(平成22年)6月 記念図書館に「(株)日立製作所100周年を記念し(株)日立製作所コーナー」を設置
  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日 14時46分東日本大震災発生。日立市最大震度6強。3館とも甚大な被害を受ける。記念図書館は5月16日から開館・多賀図書館は4月1日から1階の一部(2階は7月1日から)開館・十王図書館は4月1日から一部開館・移動図書館たかすず号は4月10日から運行開始。福島県から避難した方々の避難所(鳩ケ丘スポーツセンター)に図書の搬送等を実施。
    • 7月1日 市立図書館広域利用(福島県いわき市・茨城県北茨城市・高萩市・常陸太田市)を開始する
  • 2012年(平成24年)
    • 10月16日 図書館ホームページから書架資料の予約開始
    • 11月6日 記念図書館創立50周年を迎える。日立市立図書館のあゆみ(日立市役所広聴広報課・JWAYの協力にて)10分間の番組を作成。記念図書館まつり及びJWAY行政放送「図書館だより」にて放映
  • 2013年(平成25年)4月25日 南部図書館開館(日立市内図書館4館体制となる)
  • 2016年(平成28年)12月1日 記念図書館参考室内に「瀬谷義彦 寄贈資料 展示コーナー」(茨城県内外の市町村史500冊超のほか、郷土資料など約1800冊)を設置[1]

施設概要[編集]

日立シビックセンターの1Fにある。

  • 館内担当・館外担当・庶務担当の3係で構成。
  • 1F-2Fと、地下1Fがある。
  • 図書の閲覧は誰でもできる。
  • 無料である。

一般図書室[編集]

当図書館1Fにある、この図書館の中で最も利用する人の多い施設である。この中にいくつかの施設が含まれる。

  • こどもとしょしつ(絵本・紙芝居・児童図書・大型絵本・図書館が進める読み聞かせの本コーナー・児童新刊コーナー・季節の企画展コーナー・子供用トイレ 等)
  • おはなしのへや(らっこのおへや:0歳~2歳程度の乳幼児対象のおはなし会:月2回(8・2月はお休み)・3歳以上のお話会:月2回、特別なおはなしかいも行われる。また、ブックスタートの会場となる。日立市に住んでいる0歳から2歳の誕生日までの子供と保護者に、絵本と育児に役立つ資料の案内や子供におはなしの聞かせ方の実演などが行われる。)
  • 一般向け図書室(企画展コーナー・日立製作所コーナー・中学生コーナー・大活字本・一般図書・視聴覚資料コーナー 等)
  • 新聞・雑誌スペース
  • 中央カウンター
  • 授乳室
  • 録音室(図書資料音声サービス:視覚障害者専用)

資料・学習室[編集]

  • 当図書館2Fにある。
  • 参考図書室は、日立の郷土資料、日立市の行政資料、一部茨城県関係等の資料、事典、一部の白書、官報、茨城県報などを使用し調べるための部屋がある。また、新聞閲覧(当日、前日以外)を閲覧することができる。新聞名及び保存期間は、図書館ホームページ又はカウンター職員に問い合わせください。なお、新聞の当日、前日の2日分は1F新聞コーナーにあります。
  • インターネット検索を利用した、朝日新聞・読売新聞・茨城新聞・官報の記事検索を行うことができます。調べられる期間や範囲はカウンター職員にお問い合わせください。
  • 参考図書室には、日立市市制施行70周年記念郷土人コーナーを設置しています。
  • 参考図書室の隣接部屋に資料室があり、新聞の原紙や朝日新聞の縮刷版(東京版)・日立市の一部行政資料等が保存されている。
  • 参考図書室の隣には学習室や学習コーナーのスペースがあり2か所あわせて75席が用意されている。
  • 事務室がある。

書庫[編集]

  • 当図書館地下にある。
  • 館外の事務室がある。
  • 一般人は基本的に立ち入り禁止である。ただし、団体配本で許可された場合は入館可。
  • 館外担当の主な内容は次のとおりである。
    • 移動図書館たかすず号の運営
    • 交流センター図書室4館の配本・整理
    • 施設文庫の配本・整理
    • 小学校文庫の配本・整理
    • 学校支援授業用の資料の用意及び搬送
    • 日立市内の小学校・中学校の全校に図書パックを配布し、小学校は2年間、中学校は1年間で巡回するサービス
    • 団体配本の貸出・返却業務
    • 緑陰文庫の開催
等を行っている。

サービス[編集]

日立市立図書館#サービスを参考

施設・交通[編集]

施設情報
  • 開館時間:月・火・木・金・土・日曜日・祝日:09:30~18:00、水曜日:09:30~19:00
  • 休館日:毎月最終月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始、特別整理期間(年15日以内)、臨時(詳細は図書館カレンダーを参照)
  • 料金:無料(コピーなどは有料)
交通情報

出典・注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 服部肇 (2016年12月2日). “地方史研究の跡たどる展示コーナー 故瀬谷義彦さん寄贈の1800冊 日立市立記念図書館”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 茨城版 
  1. 日立市立図書館ホームページ
  2. 日立市立図書館利用案内
  3. 平成24年度図書館の業務報告

関連項目[編集]

広域利用の可能な図書館