日立製作所ニュートン・エイクリフ工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日立レール
ニュートン・エイクリフ工場
Newton Aycliffe Rail Vehicle Manufacturing Facility exterior.jpg
工場外観
操業開始 2015年9月3日 (2015-09-03)
場所 ニュートン・エイクリフ英語版
ダラムイギリス
業種 鉄道車両組立て
生産品 385形
800形
801形
802形
803形
810形
従業員数 1,000人(2017年)
所有者 日立レール(日立製作所子会社)

座標: 北緯54度35分33秒 西経1度35分15秒 / 北緯54.5925度 西経1.5875度 / 54.5925; -1.5875

工場の開所式にて、デイヴィッド・キャメロン首相(当時)

日立製作所ニュートン・エイクリフ工場英語: Hitachi Newton Aycliffe、Newton Aycliffe Manufacturing Facility)はイギリスイングランド北東部のダラムニュートン・エイクリフ英語版に所在する日立レール・リミテッド(日立製作所子会社)の鉄道車両工場である[1]。2013年に着工、8200万ポンドをかけて2015年に完成した[2]。日立製作所にとってヨーロッパ初の工場であり、イースト・コースト本線およびグレート・ウェスタン本線インターシティ125225の置き換え計画であるインターシティ・エクスプレス計画(IEP)を日立製作所が受注したことで開設された[3]。当工場では車両の製造は行っておらず、ほかの場所で製造された部品を組み立てるのみである。2017年10月時点では、工場の雇用人数は1000人を超えている[4][5]

沿革[編集]

イギリス運輸省は2007年にインターシティ125の置き換えのために新型車両を導入することを決め、2009年2月12日に日立製作所が主導する合弁企業であるアジリティ・トレインズが落札したと発表した。2011年に日立製作所は新工場の場所としてイングランド北東部ダラムニュートン・エイクリフ英語版にマーチャント・プレイス開発が開発した工業団地アマゾン・パーク(2013年半ばにマーチャント・パークに改称)を選定した[6][7][8]。ヘイントン駅英語版の近くにあり、ティーズ・ヴァレー線英語版の線路に隣接した面積43,000km2の用地である。2012年7月にはファースト・グレート・ウェスタンとの契約の締結を受けて建設を進めることを発表し、2013年11月1日にシェファード・グループ英語版と建設の契約が8200万ポンドで結ばれた[9][10][11]。建設の開始は同年中に予定され、2015年に生産開始、2016年に完全操業というスケジュールがたてられ、2014年6月に骨組みが完成、10月にはトッピング・アウトが行われた[12][9][13][14]。2015年9月3日には中西宏明日立製作所会長、デイヴィッド・キャメロン首相、ジョージ・オズボーン財務相ら出席のもと、開所式が行われた[15][16][17]。開所時点で420人の雇用を創出しており、最大でさらに700人以上を雇用するとされた。この地域では2015年にティーズサイド製鉄所英語版が一部設備を残して閉鎖され、3000人が解雇されており、求人には16,000人以上が応募したと報道されている。

2016年1月にはエディンバラ~グラスゴー改善計画英語版の一環として日立製作所が385形の製造契約を落札し、大半をニュートン・エイクリフ工場で組み立てることが発表された[18]。また、同年3月にはファーストグループトランスペナイン・エクスプレス・フランチャイズ落札を受け、802形がニュートン・エイクリフ工場にて組み立てられることが発表された[19]

また、イギリスのEU離脱をめぐっては、中西宏明は離脱が決まった場合にはニュートン・エイクリフ工場への投資規模が縮小されることになると述べており、地元労働党議員で離脱反対派のフィル・ウィルソン英語版はこれを強調している[20]

2019年3月にはファーストグループイースト・コースト・トレインズ英語版向けにAT300(A-trainの一種・803形)を5本発注した。これらはニュートン・エイクリフ工場で製造され、1億ポンドの契約の一環として10年間日立が整備を請け負うことになっている[21]。発表時、日立側はロンドン地下鉄の車両置き換え計画でシーメンスに負けたばかりであり、新規の受注が必要だったと述べた。また、イースト・ミッドランズ・フランチャイズの電気・ディーゼル両用車両やタイン・アンド・ウィア・メトロの車両置き換え計画に入札する予定だとした[22]

同年7月、日立がイースト・ミッドランズ・レールウェイ英語版向けに165両の車両を製造することが明らかになった。これらは編成あたりディーゼルエンジンを4基搭載した電気・ディーゼル両用車両であり、5両編成に組成される(810形)。ミッドランド本線の車両限界の関係上、車体長はインターシティ・エクスプレス計画の800・801・802形より2m短い24mとなり、契約の金額は4億ポンドであるとされている[23]

2020年1月、IEP関連の受注が一段落したことから250人規模の人員削減を表明した[24]

工場[編集]

ニュートン・エイクリフ工場は31.5エーカーの面積があり、建屋部分だけでも44,000m2にのぼる[25]。最大で月間35両の組み立てが可能である。なお、工場はジョージ・スティーヴンソンが世界で初めて旅客営業を行った蒸気機関車であるロコモーション1号英語版を組み立てた場所の近くにある。[26]

ニュートン・エイクリフ工場外に並ぶ385形800/3形08形(入換機関車)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Our Locations | Hitachi Rail EU”. www.hitachirail-eu.com. 2020年2月18日閲覧。
  2. ^ UK. “Hitachi opens Newton Aycliffe rolling stock plant”. 2016年7月28日閲覧。
  3. ^ Train manufacture starts at Hitachi Newton Aycliffe plant”. Darlington and Stockton Times. 2016年7月28日閲覧。
  4. ^ “Hitachi unveils first UK built trains at Co Durham factory” (英語). ITV News. http://www.itv.com/news/tyne-tees/2017-10-12/hitachi-unveils-first-uk-built-trains-at-co-durham-factory/ 2017年11月5日閲覧。 
  5. ^ Hitachi unveils first finished ScotRail Class 385”. www.railtechnologymagazine.com. 2017年11月5日閲覧。
  6. ^ Amazon Park”. 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月8日閲覧。
  7. ^ “Hitachi go-ahead 'a massive boost for the North East'” (プレスリリース), Merchant Place Developments, (2011年3月8日), オリジナルの2012年4月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120426090641/http://www.amazonpark.co.uk/newsfiles/080311Hitachigo-ahead.pdf 
  8. ^ “Agility Trains Confirm Intercity Express Programme Contract” (プレスリリース), Agility Trains, (2011年3月1日), オリジナルの2012年2月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120220115042/http://www.agilitytrains.co.uk/assets/pdf/AgilityTrains_press_statement-20110301.pdf 
  9. ^ a b “Intercity Express Programme Financial Close Paves Way for Hitachi Investment in Rail Manufacturing and Assembly Plant” (プレスリリース), Hitachi via Japan Corporate News Network, (2012年7月25日), http://www.japancorp.net/press_release/25479/intercity_express_programme_financial_close_paves_way_for_hitachi_investment_in_rail_manufacturing_and_assembley_plant 
  10. ^ Knowlson, Laura (2013年11月1日). “Shepherd to build £82 million train factory”. The Press (York). http://www.yorkpress.co.uk/business/news/10779589.Shepherd_to_build___82_million_train_factory/ 
  11. ^ Hitachi Rail Europe Manufacturing Plant - Start of Construction Phase Ceremony with Rt Hon Dr Vince Cable MP and Rt Hon Patrick McLoughlin MP (Press release), Hitachi, (1 November 2013), http://www.hitachi.com/New/cnews/131101.html 
  12. ^ “£4.5 billion investment in new trains creates new jobs” (プレスリリース), Department for Transport, (2012年7月25日), http://www.dft.gov.uk/news/press-releases/dft-press-20120725a 2012年7月25日閲覧。 
  13. ^ “Hitachi Rail Europe Completes Steel Frame of Manufacturing Facility”, www.railway-news.com, (2 June 2014), オリジナルの6 June 2014時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140606204014/http://www.railway-news.com/railway-industry-news/hitachi-rail-europe-completes-steel-frame-of-manufacturing-facility 
  14. ^ “Hitachi Rail Europe tops out Newton Aycliffe factory”, www.railwaygazette.com, (30 October 2014), http://www.railwaygazette.com/news/business/single-view/view/hitachi-rail-europe-tops-out-newton-aycliffe-factory.html 
  15. ^ New Hitachi facility opens in Newton Aycliffe” (英語). ITV News. 2020年3月28日閲覧。
  16. ^ Ltd, Merchant Place Corporate Finance. “Official Opening of Hitachi Rail Vehicle Manufacturing Facility” (英語). www.prnewswire.co.uk. 2020年3月28日閲覧。
  17. ^ 2015-09-03T13:52:00+01:00. “Hitachi opens Newton Aycliffe rolling stock plant” (英語). Railway Gazette International. 2020年3月28日閲覧。
  18. ^ UK. “ScotRail Class 385 EMUs under construction”. 2016年8月6日閲覧。
  19. ^ UK. “Hitachi awarded TransPennine Express multiple-unit contract”. 2016年8月6日閲覧。
  20. ^ Brexit could force Newton Aycliffe's Hitachi to rethink its commitment to UK, warns chairman”. The Northern Echo. 2016年8月6日閲覧。
  21. ^ “FirstGroup and Hitachi announce new partnership for high speed trains linking London and Edinburgh”. Rail Professional. (2019年3月21日). https://www.railpro.co.uk/news/firstgroup-and-hitachi-announce-new-partnership-for-high-speed-trains-linking-london-and-edinburgh 2019年4月21日閲覧。 
  22. ^ Clinnick, Richard (10 April 2019). “Train orders crucial to Newton Aycliffe future”. Rail Magazine (Peterborough: Bauer Media) (876): 20–21. ISSN 0953-4563. 
  23. ^ Clinnick, Richard (14 August 2019). “£400m bi-modes order launches EMR replacement programme”. Rail Magazine (Peterborough: Bauer Media) (885): 22. ISSN 0953-4563. 
  24. ^ “Hitachi makes changes at Newton Aycliffe factory as IEP production ends”. レールウェイ・ガゼット・インターナショナル. (2020年1月10日). https://www.railwaygazette.com/uk/hitachi-makes-changes-at-newton-aycliffe-factory-as-iep-production-ends/55518.article 
  25. ^ Ltd. “UK Manufacturing Facility | Hitachi Rail Europe”. www.hitachirail-eu.com. 2016年7月28日閲覧。
  26. ^ Richardson (2015年9月3日). “Cameron welcomes train manufacturing back to the North-East”. The Northern Echo. Newsquest. 2016年7月28日閲覧。 “The new factory is close to Heighington Crossing where, almost 190 years ago to the day, George Stephenson assembled Locomotion No. 1 and began the first generation of passenger engines.”