日立製作所ラグビー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日立製作所ラグビー部
原語表記 日立製作所Sun Nexus
クラブカラー      オレンジ
創設年 1934年
監督 内田剛
所属リーグ トップイーストリーグDiv.1
公式サイト
https://www.hitachisunnexus.com/
テンプレートを表示

日立製作所Sun Nexusアルファベット表記:Hitachi Sun Nexus)は、2020年現在イーストリーグDiv.1に所属する日立製作所ラグビーチーム。

概要[編集]

リーグ戦戦績[編集]

  • 2000-2001 関東社会人リーグ2部Bブロック 3位(5勝2敗)
  • 2001-2002 関東社会人リーグ2部Cブロック 準優勝(4勝1敗)
  • 2002-2003 関東社会人リーグ2部Bブロック 優勝(7勝)、関東社会人リーグ1部へ昇格
  • 2003-2004 関東社会人リーグ1部 9位(1勝8敗)
  • 2004-2005 関東社会人リーグ1部 10位(9敗)、関東社会人リーグ2部へ降格
  • 2005-2006 関東社会人リーグ2部Bブロック 優勝(7勝0敗)
  • 2006-2007 関東社会人リーグ2部Aブロック 優勝(6勝)
  • 2007-2008 関東社会人リーグ2部Dブロック 優勝(7勝)
  • 2008-2009 関東社会人リーグ2部Aブロック 準優勝(5勝1敗)
  • 2009-2010 関東社会人リーグ2部Aブロック 優勝(6勝)、関東社会人リーグ1部へ昇格
  • 2010-2011 関東社会人リーグ1部 10位(1勝9敗)
  • 2011-2012 関東社会人リーグ1部 4位(4勝3敗)
  • 2012-2013 関東社会人リーグ1部 準優勝(5勝2敗)、順位決定戦・3位、トップイーストリーグDiv.2へ昇格[2]
  • 2013-2014 トップイーストリーグDiv.2 6位(2勝5敗)
  • 2014-2015 トップイーストリーグDiv.2 5位(2勝5敗)
  • 2015-2016 トップイーストリーグDiv.2 5位(3勝4敗)
  • 2016-2017 トップイーストリーグDiv.2 6位(2勝5敗)
  • 2017-2018 トップイーストリーグDiv.2 6位(3勝4敗)
  • 2018-2019 トップイーストリーグDiv.2 2位(5勝2敗)、順位決定戦・3位、トップイーストリーグDiv.1へ昇格[3]
  • 2019-2020 トップイーストリーグDiv.1 8位(2勝7敗)

所属選手(2020-2021)[編集]

[4]

  • 主将 佐藤一樹
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
PR 眞田卓弥 流通経済大
深谷佳祐 勝田工業高
木田翔汰 日立第一高
谷山辰哉 立正大
森田聖希 勝田工業高
石原匠馬 平工業高
古瀬凛之佑 東海大
HO 小林謙太 大阪体育大
山田雅和 八戸工業高
日向大樹 立正大
LO 鈴木優作 勝田工業高
神崎蒔生 國學院大
萩之谷篤 帝京大
湊谷泰斗 黒沢尻工業高
FL 島穂高 立正大
濱口よしき 東洋大
黒川眞琴 東洋大
楢崎貴志 流通経済大
中村竜太郎 流通経済大
松島史弥 法政大
No.8 鶴田大成 流通経済大
坂本啓太 勝田工業高
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
SH 釜谷壮一 流通経済大
和田翔太 立正大
浜田拓夢 秋田工業高
吉田魁 平工業高
高橋響紀 太田第一高
SO 高橋淳平 黒沢尻工業高
森岡祐介 流通経済大
WTB 濱田笙汰 平工業高
深谷竜二郎 東海大
佐藤浩大 東海大
上仮屋優輝 流通経済大
CTB 木村直登 立正大
市原祥平 明治大
橋本豊季 黒沢尻工業高
原大海 平工業高
菊池優介 東洋大
FB 梅津和司 東海大

在籍した選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日立製作所ラグビー部80周年記念式典開演 . facebook. 2020年9月24日閲覧。
  2. ^ 本来Div.2に昇格できるのは順位決定戦の上位2チームだが、1部のクボタスピアーズトップリーグへ昇格、それに伴い2部のセコムラガッツが1部へ昇格し昇格枠が3に拡大されたため昇格を果たした
  3. ^ 本来Div.1に昇格できるのは順位決定戦の上位2チームだが、清水建設ブルーシャークストップチャレンジリーグへ昇格したため昇格枠が3に拡大されたため昇格を果たした
  4. ^ メンバー紹介 . 日立製作所Sun Nexus公式サイト. 2020年9月24日閲覧。