日立 あしたP-KAN気分!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日立 あしたP-KAN気分!
ジャンル バラエティ番組
放送時間 日曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1992年1月12日 - 1994年3月20日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
出演者 生島ヒロシ
小牧ユカ
井森美幸
木原実
そのまんま東
エンディング 中西保志最後の雨
テンプレートを表示

日立 あしたP-KAN気分!』(ひたち あした ピーカンきぶん)は、1992年1月12日から1994年3月20日まで日本テレビ系列局ほかで放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組である。

概要[編集]

当初は視聴者から気象関連の疑問・質問をFAXで募集し、それに番組が答えるという内容で放送されていた。その当時はスタジオに観客を招いての公開生放送を行っていた。日立グループの単独提供番組であり、エンディング前には日立の樹が放送されていた。

番組は、放送開始から半年後の1992年10月にリニューアル。このリニューアルで、司会の生島ヒロシ以外のレギュラーメンバーを変更し、同時に公開生放送も取りやめた。さらに放送末期には生島も降板させ、番組のコンセプトそのものを旅情報中心の情報番組とするなど、大幅なリニューアルを施した。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 生島ヒロシ(1992年1月 - 1993年3月) - 番組第1回冒頭の第一声は、「美川さん見てますか?」だった。
  • 小牧ユカ(1992年1月 - 1992年9月) - 1990年3月に『面白スタジアム』を降板して以来のバラエティ番組起用となった。
  • 井森美幸(1992年10月 - 1994年3月) - 小牧の後任として出演。

レギュラー[編集]

エンディングテーマ[編集]

ネット局[編集]

系列は番組放送終了時(1994年3月)のもの。沖縄テレビ以外は同時ネット。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 製作局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形テレビ テレビ朝日系列[1] 1993年3月まで[2]
山形放送 日本テレビ系列 1993年4月から[2]
福島県 福島中央テレビ
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州
山梨県 山梨放送
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送
石川県 テレビ金沢
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
近畿広域圏 よみうりテレビ
鳥取県島根県 日本海テレビ
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送
徳島県 四国放送
香川県・岡山県 西日本放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎国際テレビ
熊本県 熊本県民テレビ
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[3]
鹿児島県 鹿児島テレビ 日本テレビ系列
フジテレビ系列
[3][4]
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1993年3月まで同局フジテレビ系列局だった。
  2. ^ a b 山形テレビのFNSからANNへのネットチェンジに伴う移行。実質的には2局同士の枠交換。山形放送で1993年3月まで当該枠で放送されていたのは『象印クイズ ヒントでピント』の同時ネット。山形放送では1980年4月に『日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行』の放映権が山形テレビに移行されて以来、13年ぶりに日本テレビ系番組の同時ネットとなった。同様のケースは『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』などでも見られた。
  3. ^ a b UMK・KTSは毎年7月の『FNSの日』(フジテレビ系)の放送日のみ、当番組の放送を休止。
  4. ^ 当番組終了直後の1994年4月1日鹿児島読売テレビ(KYT)開局に伴い、日本テレビ系列を脱退。
日本テレビ系列 日曜19:30枠
【本番組まで日立グループ単独提供枠】
前番組 番組名 次番組
紳助の日立地球トライアル
(1991年10月20日 - 1991年12月22日)
日立 あしたP-KAN気分!
(1992年1月12日 - 1994年3月20日)
投稿!特ホウ王国
(1994年5月1日 - 1996年12月15日)
※19:00 - 19:54
各局ローカル編成のミニ番組
(日本テレビでは『世界の橋』)
※19:54 - 20:00