日系パラオ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日系パラオ人
Japanese Palauans
日本の旗パラオの旗
総人口
推定5,000人
居住地域
アンガウルコロール
言語
パラオ語英語日本語
宗教
キリスト教,神道,仏教
関連する民族
日本人日系ミクロネシア連邦人
日系マーシャル諸島人

日系パラオ人(にっけいパラオじん、英語: Japanese Palauans)とは日本人の血を引いたパラオの市民である。2005年現在、全人口の25%にあたる約5,000人のパラオ人は日本人の血を引いているとされる[1][2]

歴史[編集]

南洋庁が設置された日本領であったため、多くの日本人が生活していた。残留者や日本人とパラオ人との間に生まれた子孫がパラオの日系人である。

著名な日系人[編集]

  • ハルオ・レメリク(Haruo Ignacio Remeliik)・・・初代パラオ大統領
  • クニオ・ナカムラ(Kuniwo Nakamura)・・・第5代パラオ大統領
  • ミノル・ウエキ(Minoru)・・・厚生大臣、駐日大使
  • エリアス・カムセク・チン(Elias Camsek Chin)・・・政治家、日系と中国系の血を引く。
  • サンティ・アサヌマ(Santy Asanuma)・・・国会議員
  • ハーシー・キョータ(Hersey Kyota)・・・政治家
  • ジョシュア・コシバ(Joshua Koshiba)・・・国会議員
  • ペオリア・コシバ(Peoria Koshiba)・・・オリンピック陸上競技選手

脚註[編集]

  1. ^ Foundation for Advanced Studies in International Development (Japan) Archived 2011年7月22日, at the Wayback Machine., Kimio Fujita, October 7, 2005
  2. ^ “レメンゲサウ大統領単独インタビュー:「日本とパラオは兄弟関係、私には日本人の血が流れている」”. ニッポンドットコム. https://www.nippon.com/ja/features/c04801/ 2018年2月10日閲覧。