日系マーシャル諸島人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日系マーシャル諸島人
Japanese Marshall Islanders
日本の旗マーシャル諸島の旗
総人口
推定6,000人
居住地域
ジャルート環礁クェゼリン環礁
言語
マーシャル語英語日本語
宗教
キリスト教
関連する民族
日本人日系パラオ人
日系ミクロネシア連邦人

日系マーシャル諸島人(にっけいマーシャルしょとうじん、英語: Japanese Marshall Islanders)とは日本人の血を引いたマーシャル諸島の市民である。2006年の調査によると、全人口の10%にあたる約6,000人のマーシャル諸島人は日本人の血を引いているとされる[1]

歴史[編集]

南洋庁が設置された日本領であったため、多くの日本人が生活していた。残留者や日本人とマーシャル諸島人との間に生まれた子孫がマーシャル諸島の日系人である。

著名な日系人[編集]

  • ケーサイ・ノート(Kessai H. Note)・・・第3代マーシャル諸島大統領
  • アマタ・カブア(Amata Kabua)・・・初代マーシャル諸島大統領
  • クニオ・ルマリ(Kunio Lemari)・・・政治家
  • ジェームズ・マタヨシ(James Matayoshi)・・・政治家

脚註[編集]

  1. ^ Pacific Islands President, Bainbridge Lawmakers Find Common Ground Archived 2011年7月16日, at the Wayback Machine. (Copy), June 10, 2006, Kitsap Sun, Rachel Pritchett, retrieved October 4, 2009

参考文献[編集]