日総建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 日総建
NISSOKEN ARCHITECTS / ENGINEERS
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷一丁目34番14号
設立 2015年11月2日
業種 建築設計
法人番号 2011001108052
事業内容 建築の企画・設計監理
都市・地域計画
建築コンサルタント
代表者 木内 啓(代表取締役社長
資本金 1億円
純利益 515万8000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 12億3377万9000円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 109名(2017年4月現在)
決算期 3月31日
主要株主 建設技術研究所 100%
外部リンク http://www.nissoken.co.jp/
テンプレートを表示
テレコムセンタービル
秋葉原UDXビル
アーバンネット名古屋ビル
NTTクレド基町ビル(商業棟)
深川ギャザリア
〔 タワーN棟/S棟 〕
東山スカイタワー
関東逓信病院
NTT日比谷ビル
KDDビル

株式会社日総建(にっそうけん)は東京都渋谷区に所在する組織系建築設計事務所

概要[編集]

1963年創業、電電公社による電話局を設計する専門の事務所としてスタート。合理主義の建築という逓信建築の伝統に基づき、堅実で質高い建築を生み出す社風。建築設計の名門とされ、多数の作品にて受賞歴がある。NTT設備系関連事業に強みを持ち、文教系・事務所系・医療福祉系の設計を得意とする。

〔 事業種目 〕
〔 許可番号 〕
  • 一級建築士事務所 <東京都知事登録 第60468号>
  • 宅地建物取引業者 <東京都知事 (1)第81664号>
〔 事業所 〕
  • 本社 - 東京都渋谷区幡ヶ谷1-34-14
  • 支店 - 仙台、横浜、名古屋、大阪、広島、九州

沿革[編集]

  • 1963年(昭和38年)5月27日 日本総合建築事務所 設立、本社を渋谷区神南とする
  • 1991年(平成3年) 日総建に社名変更、本社を幡ヶ谷(現在地)に移転
  • 2003年(平成15年) ISO9001認証取得
  • 2015年(平成27年)6月 東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請
  • 2015年(平成27年)11月 新設分割の方法により、株式会社建設技術研究所のグループ会社として新会社(名称変更なし)を設立。旧社は株式会社N設計事務所へ商号変更(N設計事務所は2016年6月に法人格消滅)[2]

主な作品[編集]

〔 NTT関連 〕
〔 文教系 〕
〔 事務所系 〕
〔 医療福祉系 〕
  • 台東区立台東病院 
  • 慈雲堂内科病院
  • 西武川越病院
  • 熊本地域医療センター医師会病院
  • 熊本労災病院
  • 日立メディカルセンター新健診施設
  • 新宿区新宿保健センター・新宿区医師会館
  • 徳島県立三好病院
〔 温浴施設系 〕
  • 島田市田代の郷温泉
  • 浜北天然日帰り温泉施設あらたまの湯
  • さがら子生れ温泉会館
  • すわっこランド
  • 筑西遊湯館
  • ふれあい健康増進館「ゆ・ら・ら」
  • さがみはら北の丘センター
〔 情報施設系 〕

受賞歴[編集]

主な在籍・出身人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社日総建 第4期決算公告
  2. ^ 株式会社N設計事務所国税庁法人番号公表サイト