日蔭温子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg 日蔭 温子 Golf pictogram.svg
Atsuko Hikage
基本情報
名前 日蔭 温子
生年月日 (1954-04-23) 1954年4月23日(65歳)
身長 163 cm (5 ft 4 in)
体重 58 kg (128 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県岩手郡岩手町
経歴
プロ転向 1975年=LPGA17期
優勝数
日本LPGA 18(内、公式戦2)
成績
初優勝 ヤクルトミルミルレディーストーナメント(1980年)
賞金ランク最高位 日本女子:2位(1987年)
2019年11月4日現在
テンプレートを表示

日蔭 温子[1](ひかげ あつこ、1954年4月23日 - )は岩手県岩手郡岩手町出身の日本の女子プロゴルファーである。ティーチングプロフェッショナル資格A級を保持している。

来歴[編集]

岩手町立第一中学校卒業[1]。その後、集団就職鐘紡に入社し、中学生時代からしていたバレーボールの実業団選手となる[2]

家庭の都合で鐘紡を退社後、1971年8月より武蔵カントリークラブ豊岡コース(埼玉県)に入社、キャディ業務や研修生の練習の手伝いをしながら、先輩に誘われる形でクラブを握り、17歳でゴルフを始める[3]

ゴルフを始めて約5か月後、クラブ内の社員コンペで優勝し、プロを意識する[3]。2年でプロになるとの決意のもと、武蔵CCを退社し、忠太ゴルフ練習場(東京都清瀬市)に入社、フロント業務終了後にひたすら球を打ち込む生活を送った[4]

1974年春のプロテストは不合格だったのものの、同年10月に行われた秋のプロテストで合格[5][注 1]

1975年日本女子プロゴルフ協会(LPGA)入会し、岡本綾子と同期のLPGA17期生となる[1]

1980年「ヤクルトミルミルレディーストーナメント」でプロ初優勝[6]

1982年公式戦「日本女子オープンゴルフ選手権競技」を含む2勝[6]

1985年1勝、1986年2勝[6]

1987年は6勝を挙げ、年間獲得賞金ランキングで自己最高位となる2位となる[6]

LPGAのツアー制度施行後、1989年2勝、1991年1勝[6]

1992年公式戦「日本女子オープンゴルフ選手権競技」を含む2勝、1993年1勝[6]

1994年からは出場試合数を減らした[7]

2000年からは歴代優勝者の資格での「日本女子オープンゴルフ選手権競技」のみの出場となり、2002年の同大会を最後にツアーから引退[6]

ツアー参戦中の1991年から至学館大学健康科学研究所で客員教授を務めている[8][注 2]

出演テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時は年2回プロテストが行われていた。
  2. ^ 1991年当時の名称は中京女子大学

出典[編集]

  1. ^ a b c 日蔭 温子 プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年11月4日閲覧。
  2. ^ 昭和の履歴書 日蔭温子(2ページ目)”. パーゴルフ プラス (2018年1月13日). 2019年11月4日閲覧。
  3. ^ a b 昭和の履歴書 日蔭温子(3ページ目)”. パーゴルフ プラス (2018年1月13日). 2019年11月4日閲覧。
  4. ^ 昭和の履歴書 日蔭温子(4ページ目)”. パーゴルフ プラス (2018年1月13日). 2019年11月4日閲覧。
  5. ^ 昭和の履歴書 日蔭温子(5ページ目)”. パーゴルフ プラス (2018年1月13日). 2019年11月4日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 日蔭 温子 プロフィール詳細の生涯成績・記録を参照
  7. ^ 日蔭 温子 年度別大会成績1994”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年11月4日閲覧。
  8. ^ 研究所構成員一覧 | 研究所・附属機関”. 至学館大学. 2019年11月4日閲覧。