日輪寺古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日輪寺古墳
Nichirinji-kofun-1.jpeg
日輪寺古墳(2014年3月)
所在地 福岡県久留米市京町
位置 北緯33度19分15.3秒
東経130度29分54.0秒
座標: 北緯33度19分15.3秒 東経130度29分54.0秒
形状 前方後円墳
規模 全長約50m
出土品 銅鏡、装身具、刀、土器
築造時期 5世紀後半~6世紀初頭
史跡 1922年国指定
特記事項 装飾古墳
テンプレートを表示

日輪寺古墳(にちりんじこふん)は、福岡県久留米市京町の日輪寺境内にある前方後円墳である。国の史跡。線刻のある石障で知られている。

概要[編集]

元々全長50メートルほどの前方後円墳であるが、削平により現状では直径20メートルほどの円墳に見える。

後円部西に開く横穴式石室は発掘の行われた1912年の段階でほとんど破壊されていて、現在まで残っているのは玄室の一部のみである。玄室は正方形に近く、長さ3.5m、幅2.3m、高さ1.7mを測る[1]

交通アクセス[編集]

なお石室内の撮影は禁止されている。

脚注[編集]

  1. ^ 大塚初重小林三郎・熊野正也編『日本古墳大辞典』東京堂出版、1989年9月、444頁

関連項目[編集]