日野事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日野事件を報じた朝日新聞(1951年12月19日付)

日野事件(ひのじけん)は、1951年昭和26年)10月18日に、滋賀県蒲生郡日野町で発生した公安事件。

経過[編集]

1951年10月18日午前11時30分、滋賀県蒲生郡桜川村に、在日朝鮮統一民主戦線祖国防衛隊のメンバーが集結し、自転車にスピーカーを取り付けて自転車デモを行おうとした。滋賀県公安条例の届出を出していない違法デモであった。

国家地方警察滋賀県本部蒲生東地区警察署では、これを制止しようとしたが、デモ隊は強行突破し、日野町内に侵入した。デモ隊は日野郵便局前で「朝鮮人強制送還反対」「軍事基地化反対」などの演説を行った。その間、周辺在住の朝鮮人が集まり、ピケを張ったりバリケードを作ったりした。

そして警官隊に棍棒で襲い掛かったため、公務執行妨害罪で20人が検挙された。

参考文献[編集]

  • 篠崎平治 『在日朝鮮人運動』 令文社〈実務教養選書〉、1955年。
  • 李瑜煥 『日本の中の三十八度線 - 民団・朝総連の歴史と現実』 洋々社、1980年。
  • 『滋賀県警察史』 滋賀県警察本部、1968年。