日野就正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
日野就正
時代 江戸時代初期
生誕 慶長11年(1606年
死没 貞享5年8月25日1688年9月19日
別名 通称:権兵衛→賀兵衛尉→勘右衛門尉
主君 毛利秀就綱広
長州藩
氏族 清和源氏新田氏日野氏
父母 父:日野政重
正尚

日野 就正(ひの なりまさ)は、江戸時代初期の武士毛利氏家臣で長州藩士。知行は200石。父は日野政重

生涯[編集]

慶長11年(1606年)、日野政重の子として生まれる。

寛永3年(1626年12月13日毛利秀就から「賀兵衛尉」の官途名を与えられた。寛永7年(1630年11月30日に父・政重が死去すると家督を継ぎ、長門国美祢郡伊佐郷の内の200石の知行を相続した。

貞享5年(1688年8月25日に死去。享年83。子の正尚(喜之介、勘兵衛、勘右衛門)が後を継いだ。

参考文献[編集]

  • 萩藩閥閲録』巻29「日野要人」、巻56「日野勘右衛門」