日野資実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
日野資実
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代前期
生誕 応保2年(1162年
死没 貞応2年2月20日1223年3月23日
改名 資実→知寂[1](法名)
別名 藤原資実、正字:資實
官位 正二位権中納言
主君 高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇
氏族 藤原北家真夏流日野家
父母 父:藤原兼光、母:源家時の娘
兄弟 資実、藤原長親、藤原宣実、藤原有兼、広橋頼資、藤原基長、良兼、覚証、後鳥羽院按察使典侍、宣陽門院左衛門督、姉小路公宣室、葉室宗行室、葉室長宗室、源信定室、一条高能
八条院女房播磨局、平棟子(平棟範の娘)
宣陽門院大進
家宣、家長、家光光国、光恵、光厳、兼性、忠承
猶子:光遍
テンプレートを表示

日野 資実(ひの すけざね)は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての公卿歌人藤原北家真夏日野家権中納言藤原兼光の長男。官位正二位・権中納言。日野家14代当主。

経歴[編集]

早くから大学に入り、承安2年(1172年)に学問料を賜り、承安4年(1174年)に秀才に補されている。

承安5年(1175年越後大掾に初任。左衛門少尉六位蔵人を歴任し、治承3年(1179年)に従五位下叙爵。寿永元年(1182年)に皇后宮少進に任ぜられ、昇殿を許される。その後皇后宮大進に転じ、元暦元年(1184年)従五位上、文治4年(1188年正五位下と進み、五位蔵人宮内大輔、左衛門権佐、防鴨川使、右少弁を歴任した後、職を一度辞す。

建久2年(1191年宣陽門院判官代として復帰。同年山本荘(場所などは不明)を賜る。建久5年(1194年)には左中弁となり、建久6年12月(1196年1月)従四位下・右中弁に叙任され、右宮城使、近江権介などを兼ねる。建久9年(1198年)には正四位下・右大弁に叙任され、造東寺長官、遠江権守蔵人頭などを歴任。

建仁元年(1201年参議に任ぜられ公卿に列す。左大弁に転じ、建仁2年(1202年)には従三位勘解由長官に叙任された。同年12月8日の行幸では上卿を務める[2]

建仁3年(1203年正三位丹波権守に叙任され、元久元年(1204年)権中納言に進む。元久3年(1206年)には従二位に叙され、承元3年(1206年)に春宮権大夫を兼任。翌年正二位に叙された。建暦元年(1211年大宰権帥に遷る。承久2年(1220年)に出家した。

貞応2年(1223年)2月20日に薨去。享年62。

歌人としても活躍し、建久6年(1195年)の「民部卿家歌合」、正治2年(1200年)の「石清水若宮歌合」などに詠出。『新古今和歌集』以下の勅撰和歌集に9首が入集している。また、秀才に補されるなど学問にも明るく、土御門順徳両天皇の侍読や、文章博士東宮学士なども務めた。

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 承安2年(1172年)3月14日:学問料を賜う。
  • 承安4年(1174年)正月:秀才に補す。
  • 承安5年(1175年)正月23日:越後大掾に任ず。
  • 安元2年(1176年)10月8日:献策(光経朝臣問)。
  • 治承元年(1177年)11月15日:左衛門少尉に任ず。
  • 治承2年(1178年)正月:高倉天皇の六位蔵人に補す。11月24日:蒙使宣旨。
  • 治承3年(1179年)7月16日:従五位下に叙爵。
  • 寿永元年(1182年)8月14日:皇后宮少進に任ず。10月:昇殿を聴す。
  • 寿永2年(1183年)正月22日:皇后宮大進に転ず。
  • 寿永3年/元暦元年(1184年)3月23日:昇殿を聴される。7月2日:従五位上に叙す(宮入内賞)。
  • 文治3年(1187年)6月28日:大進を停む(依院號也)。
  • 文治4年(1188年)正月7日:正五位下に叙す(殷富門院御給)。10月14日:後鳥羽天皇の五位蔵人に補す。12月30日(1189年1月18日):宮内大輔に任ず。
  • 文治6年(1190年)正月24日:左衛門権佐に任ず。8月13日:防鴨川使を兼ぬ。10月27日:右少弁を兼ぬ。12月28日(1191年1月25日)蔵人・弁・佐を辞す。
  • 建久2年(1191年)5月26日:宣陽門院判官代。
  • 建久3年(1192年)4月29日:防鴨川使を止む。
  • 建久5年(1194年)9月17日:左少弁に転ず。
  • 建久6年12月9日(1196年1月10日):右中弁に転じ、従四位下に叙す。
  • 建久7年(1196年)2月1日:修理右宮城使を兼ぬ。4月:服解。6月26日:復任。
  • 建久9年(1198年)正月11日:新帝昇殿、院別当に補す。2月26日:従四位上に叙す(御即位宣陽門院御給)。11月9日:近江権介を兼ぬ。11月21日:正四位下に叙す(大嘗会国司賞)。12月9日(1199年1月7日):右大弁に転ず。
  • 建久10年(1199年)正月21日:造東寺長官。3月23日:遠江権守。12月9日:蔵人頭に補す。
  • 正治2年(1200年)4月15日:東宮学士。
  • 建仁元年(1201年)8月19日:参議に任じ、左大弁に転ず。遠江権守如元。
  • 建仁2年(1202年)10月29日:従三位に叙す。(24日?):勘解由長官を兼ぬ。
  • 建仁3年(1203年)正月13日:丹波権守。12月20日(1204年1月23日):正三位に叙す(東大寺供養長官并行事賞)。
  • 元久元年(1204年)3月6日:権中納言に任ず。
  • 元久3年(1206年)4月3日:従二位に叙す。
  • 承元3年(1209年)4月14日:春宮権大夫を兼ぬ。
  • 承元4年(1210年)11月25日:権大夫を止む。12月26日(1211年1月12日):正二位に叙す(坊官賞、□以上十五)。
  • 建暦元年(1211年)10月12日:辞退。大宰権帥に遷る。
  • 建保5年(1217年)正月:得替。
  • 建保6年(1218年)本座。
  • 承久2年(1220年)6月3日:出家。

系譜[編集]

  • 父:藤原兼光
  • 母:源家時の娘
  • 妻:八条院女房播磨局
    • 男子:日野家宣(1185-1222)
    • 男子:日野家長(?-?)
  • 妻:平棟子(平棟範の娘、?-1221)
  • 妻:宣陽門院大進
    • 男子:威信(?-?)
  • 生母不明の子女
    • 男子:光厳
    • 男子:兼性
    • 男子:忠承
  • 猶子
    • 男子:光遍(?-?)

脚注[編集]

  1. ^ または、和寂。
  2. ^ 玉葉建久2年12月8日条