日鉄高炉セメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日鉄高炉セメント株式会社
Nippon Steel Blast Furnace Slag Cement Co.,Ltd.[1]
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
803-0801
福岡県北九州市小倉北区西港町16番地
設立 1999年平成11年)2月1日
業種 ガラス・土石製品
法人番号 2290801001835
事業内容 セメントの製造・販売
産業廃棄物の処理
代表者 江頭 秀起(代表取締役社長
資本金 15億円
発行済株式総数 240,000株
売上高 131億2100万円(2019年03月31日時点)[2]
営業利益 ▲2億7900万円(2019年03月31日時点)[2]
経常利益 ▲2億5600万円(2019年03月31日時点)[2]
純利益 ▲2億5700万円(2019年03月31日時点)[2]
純資産 37億2900万円(2019年03月31日時点)[2]
総資産 124億6900万円(2019年03月31日時点)[2]
従業員数 158人(2018年3月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本製鉄 100%
外部リンク http://www.kourocement.co.jp/
テンプレートを表示

日鉄高炉セメント株式会社(にってつこうろセメント)は、日本製鉄グループセメントメーカーである。

概要[編集]

セメントの一種の高炉セメントを専門に製造するメーカー。高炉セメントとは、一般的なセメント(ポルトランドセメント)に、製鉄の過程で発生するスラグを混合したものである。その関係で、製鉄会社の日本製鉄親会社となっている。

2009年の日本国内におけるセメント販売量は約114万トンで、販売シェアは国内メーカー10ブランド中第7位。主に西日本が販売エリアで、関東3県(東京都神奈川県千葉県)および愛知県近畿以西の各県(沖縄県を除く)でセメントを販売する。高炉セメントの他にも、セメント系固化材やモルタル、スラグ粉末も製造・販売している。また、セメントの製造過程を利用した産業廃棄物の処理も事業化している。

本社および製造拠点(名称は「セメント工場」)は、新日鐵住金八幡製鐵所に隣接する福岡県北九州市小倉北区。セメント工場の中心をなすセメントキルンは、ニューサスペンションプレヒーター付キルン(NSPキルン)1基で、1時間あたり110.0トンクリンカー(セメントの半製品)生産能力を持つ。

元々は八幡製鐵所の一部門であったが、1956年に八幡化学工業(後の日鉄ケミカル&マテリアル)として独立、1999年には旧新日鐵化学より独立して新日鉄高炉セメントとして発足した。旧新日鐵化学時代は、小野田セメント系のセメント共販会社「中央セメント」に属していた。

沿革[編集]

  • 1913年大正2年) - 官営八幡製鐵所においてセメント製造開始。
  • 1918年(大正7年) - 八幡製鐵所内に前田セメント工場を設置。
  • 1934年昭和9年)2月1日 - 官営製鉄所が日本製鐵(日鉄)八幡製鐵所に。
  • 1936年(昭和11年) - 洞岡セメント工場を設置。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 八幡製鐵八幡製鐵所に。
  • 1955年(昭和30年) - 前田セメント工場閉鎖。
  • 1956年(昭和31年)10月1日 - 八幡製鐵所の化工部門(セメント部門を含む)が八幡製鐵から独立し、八幡化学工業(後の日鉄ケミカル&マテリアル)が発足。
  • 1958年(昭和33年) - 戸畑製造所セメント工場(現在のセメント工場)が操業開始。
  • 1964年(昭和39年) - 洞岡セメント工場を閉鎖。
  • 1999年平成11年)2月1日 - 新日鐵化学からセメント部門が分離し、新日鐵高炉セメント株式会社設立。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日鉄住金高炉セメント株式会社に変更。
  • 2019年(平成31年)4月1日 - 親会社の新日鐵住金が日本製鉄へ商号変更したことに伴い、日鉄高炉セメント株式会社に商号変更された[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • セメント新聞社 『セメント年鑑』第62巻(2010)、セメント新聞社、2010年

関連項目[編集]